P28
「ちょっとやりすぎじゃね?」
「僕もそんな気が…」
「いいじゃん! 後は俺たちでこの身体を楽しもうぜ!」
「イッテェ!」
「何だよお前っ! いてぇだろっ!」
「いい加減にしろよ朋美っ。さっきから何やってんだよ」
P29
「それに何で初美は止めないんだっ。みんなの前で井波さんにあんな事をさせるなんてっ見損なったぞ!」
「えっ…あ…はぁ…。その…勢いで…」
「ねえっ。あの人は誰なの?」
「誰なのって知ってるだろ。お前の姉ちゃんの彼氏じゃん。長澤と同じ
クラスだから毎日見てるだろ」
「そ…そっか…。ど忘れしちゃって。初美お姉ちゃんは彼の事を何て呼んでるの?」
「はぁ? お前…大丈夫か? お前らみんな剛志って呼んでるじゃん」
P30
「そっか。どーもありがと! 朋美お姉ちゃん、ちょっといいかなぁ?」
「何だよっ。今は忙しいんだって」
「ごにょごにょ…。それでだっ」
「……」
「ごにょごにょ…」
「おいっ。お前ら何をコソコソ喋ってんだよっ」
P31
「そんな感じでどうかな? 朋美お姉ちゃん!」
「…いいじゃん。流石私の妹ねっ。…あの、ごめんね剛志。彼女にもひどい事しちゃった…。最近は三人姉妹の間で喧嘩する事が多くて…。表面上は仲良く見せてるつもりだったんだけど―。あんな風に言われたら、ついカッとなっちゃって。最初から剛志に相談しておけば良かったのにね…」
P32
「ごめん…なさい。剛志…」
「姉妹の間で何があったのか知らないけど、ちゃんと後で井波さんに謝れよっ」
「ん…分かってる。ちゃんと謝るから…」
(うわ…くっさ! 中沢のやつ、こんなクサい芝居よくやるよっ)
「ねえ剛志…。もう少しお昼休みがあるから、私達の悩みを聞いてもらってもいい?」
P33
「ああ…いいよ俺で良かったら。三姉妹で喧嘩されたら困るからなっ。初美もどうして言ってくれないんだっ俺たち付き合ってるのに」
「へっ?」
「へって何だよっ。俺たちの話を聞いていたか」
【あ、わ、せ、ろ】
P34
(いっ…合わせろって…)
「う…ううん。な、何でもない…の。わ、私も…その…相談に乗ってほしい…なっ」
「じゃあ誰にも聞かれたくないから体育館倉庫でいい?」
「どこでも構わないよ」
P35
「ねえ朱音っ。歩きながら初美お姉ちゃんに話しておいてね」
「分かってるよ、朋美お姉ちゃん!」
「それから剛志にも歩きながら話があるの」