「ん……。あっ、はぁ。はぁ、はぁ。項、すごく感じるの」
「そうか。じゃあもっと舐めてやるよ」
「あっ、んあ。あ……いい。ぞくぞくするわ」
 私は長い黒髪を左右に流しながら、硬くした舌先で由果ちゃんの項を嘗め回した。髪に隠れて日焼けしていない項は理想的なほど真っ白で、男心をくすぐる。
 典子が由果ちゃんの敏感な項に酔いしれている様子を伺いつつ、両脇に手を差し伸べて二つの乳房を掌で包み込んだ。乳房特有の何とも言えない柔らかさと肌の張りを感じる。
 そして掌の中では乳首が弄って欲しいと勃起し、強調しているようだった。
「はっ、あ。あっ……ふう」
「由香ちゃんの胸、見た目よりも大きな感じがする」
「んん、そう?」
 乳首を摘んで引っ張ると、由香ちゃんの体が震えた。
「あんっ。それ、気持ちいい」
「そうか。こうして指の腹で捏ねくるのは?」
「はあっ。ああ〜。はぁ、あっ。ふっ……あぁ」
 典子ではなく、由香ちゃんの若くて艶かしい喘ぎ声がたまらない。私に身を委ね、力なく凭れかかる彼女がとても愛しく思えた。
 左手で乳首を弄りながら、右手をパンティの生地に沿わせてみる。
 愛液で濡れ、股間に密着した生地を上下になぞると、割れ目が左右に開いて陰唇をうっすらと模っているようだった。
「ああっ!あなた」
「典子」
 指の腹を割れた部分に割り込ませ引っかくように弄ると、由香ちゃんの体が跳ねるように震えた。
「あっ、あ、あ〜。やだ、どうして?そんなにしたら……す、すごく感じるわっ」
「自分の体と比べてどうだ?由香ちゃんの体の方が気持ちいいのか?」
 その問いには答えなかった典子が、女座りをしていた膝を開き私の上でM字に曲げた。
 指先を揃えながらパンティの中に忍び込ませると、滑った愛液によって陰毛が肌に貼り付いているのが分かる。
 そして中指を陰唇に減り込ませると熱を帯びたクリトリスに指先が触れた。
「あんんっ」
「大きな声を出したら良明が起きるだろ」
「だって。そこ、気持ち良すぎて声が大きくなってしまうわ。やっ、あ。はあっ、はんっ」
 指の腹で充血したクリトリスを押しつぶし、円を描くように転がしてやると何度も足をひくつかせた。
 パンティの生地に手の甲が浮かび上がり、私の意図する動きに合わせていやらしく蠢いている。
「あっんん、あなた。わ、私……もうっ」
「ああ、俺も我慢出来ないよ」
 しばらく弄っていると典子が由果ちゃんの腕を私の頭に絡ませ、強請ってきた。
 後ろからパンティに手を掛けて脱がせようとすると、お尻を浮かせて自らの手で足元に落とす。
「このままで……ね」
「ああ」
 由香ちゃんのお尻が再度浮き上がり、彼女の腰と私の下腹部に挟まれていた肉棒が掴まれた。艶かしく腰を動かしながら、ゆっくりと膣口に導いてゆく。
「んっ……はぁぁ」
「うっ」
 浮いていたお尻が私の下腹部に着地すると、熱くて蕩けるような膣内に肉棒が入り込んだ。
「ああっ。あなたのオチンチンで満たされているわ」
「すごいよ。こんなに熱く締め付けてくるなんて」
「動いてもいいでしょ」
 返事を待たずに、私の閉じた膝上に両手を沿えゆっくりと腰を動かし始める。いやらしい水音が結合部から聞こえ始めると、由香ちゃんの唇から上ずった喘ぎ声が漏れ始めた。
「あっ、あっ、はぁ、はぁ。んっ、はぁ、ああ、あっ、あ〜っ」
「うっ。はぁ、はぁ。の、典子。もう少し小さな声で……」
「だ、だってあなたっ。今日のあなた、すごく硬くて……あっ、大きいんだもの。奥まで届いちゃうっ」
「俺のが大きいんじゃなくて、由香ちゃんの中が短いんじゃないのか」
「んふっ。そ、そうなのかしら」
「急に伸びるわけないんだからさ。今度は俺が突いてやるよ」
 由果ちゃんの腰を動かしていた典子だったが、気持ちよすぎるせいか少し動きが鈍くなってきた。
 膣に挿入したまま彼女と一緒に立ち上がると、ソファーの背に両手をつかせて軽く足を開かせる。少し前かがみになった由香ちゃんの腰を持って、浅く入っていた肉棒をゆっくりと根元まで挿入した。
「んあああ〜」
「奥に当たってるな」
「はあっ、はあっ。あ、あなた〜」
 そのまま円を描くように腰を動かし、膣の奥まで掻き混ぜると由香ちゃんの腰が崩れそうになった。
「んん〜。あ、はぁん。気持ちよすぎて腰が砕けそうよ」
「俺も締め付けられてすごく気持ちいいよ。由香ちゃん、まだほとんど経験ないんじゃないか?」
「はぁ、はぁ。そ、そうね。まだ一人しか……んんんん〜っ!」
 蟹股に足を開き、お尻の肉を潰す様に下から上に突き上げると、爪先立ちになった彼女の体が背を反らせた。
「はぁ〜ん。す、すごいわ……あなたぁ」
 振り向いた由香ちゃんが蕩けそうな表情で私を見ている。
 明日から由香ちゃんと顔を合わせるのが恥ずかくなりそうだと思いつつ、一気に腰を降り始めた。
「ああ!あっ、あっ、あっ、あなたっ!あなたっ!」
「はぁ、はぁ。そんなに大きな声を出すなよ」
「だって。あああ〜、やだっやだっ。そんなに奥までっ!あっ。し、子宮に入りそうっ。んんんっ!」
 内股になり、上半身をソファーに崩した典子は自らの手で口をふさぎ、由果ちゃんの声に変換されて溢れるあえぎ声を必死に抑えていた。お尻を突き上げた格好の彼女を容赦なく突き続けると、もはや私も我慢の限界となる。
「はあ、はあ、はあ。典子っ」
「ぁんっ、んっ、んっ、んんっ!あ、あなっ……あなたっ!あなたっ!イ、イっちゃう……やだっ、やっ、ぁぁあっ。んううううっ!」
 最後の力を振り絞り、激しく膣を突くと強烈に締め付けられる感じがして、由香ちゃんの全身に力が入った。
 膣壁が肉棒に射精を促しているように思える。早く子宮内に放出し、卵子に受精させろと。
 私は崩れ落ちそうになる由果ちゃんの腰を力強く引き上げ、子宮に減り込むほど肉棒を挿入しながらピストン運動を繰り返した後、彼女の背中に大量の精液を放出した。
「うあっ!あっ……あっ……あっ。はぁ、はぁ、はぁ」
「ああ〜。はぁ。はぁぁ。はぁぁんん」
 これまでに体験した事が無いほどの壮絶なセックス。
 力尽きた私がソファーに体を預ける由果ちゃんに覆いかぶさると、彼女は私と共に絨毯に崩れ落ちた。
 満足そうな表情で私を眺め、唇を合わせてくる。
 私も彼女を抱きしめながら、舌を絡めて典子への愛情を表現した――。




 ――次の日。
 昨夜のセックスで体力を消耗した私は不覚にも寝坊してしまった。
 あの後、由果ちゃんの体が気に入った典子にもう一度セックスをせがまれ、足腰が立たない状態になってしまったのだ。
 上機嫌で彼女の体を返しに行った典子に比べ、精根尽き果てた私はそのままソファーで寝る始末。
「ほら良明!早く用意しないと幼稚園に遅れるぞっ」
 私は顔を洗い忘れた良明を幼稚園の先生に預けた後、何とか就業が始まるぎりぎりの時間に会社に着き、仕事をこなした。
 そして定時後に急いで良明を迎えに行き、家に帰ると夕飯の支度を始める。
「良明。ご飯食べたらちょっとだけお母さんのお見舞いに行こうな」
「うん」
 テレビを見ている後姿に話しかけた後、お湯を沸かそうとしたところで玄関の扉を叩く音が聞こえた。
「はい。どなたですか?」
 コンロの火を止め、扉を開いた私に笑顔を見せたのは幼稚園で良明のさくら組を担当している佐藤先生だった。
 白いブラウスにスリムジーンズが良く似合っている。
「あ……佐藤先生。何か忘れ物、していました?」
「んふふ」
「え?」
「ただいま、あ・な・た!」
「…………」
 こうして典子は退院するまでの数日間、毎夜の様に他人の体で帰ってくるようになった。
 良明が不審に思わないよう、幼稚園に勤める他の先生や園児の奥さん。また良明が知っている近所の若奥さんに。
 ――そして退院後。
 典子と良明が寝静まった隣の部屋で、私は由果ちゃんとセックスをしていた。
「あっ、あっ、あっ、あなたっ」
「こんな事、いつまで続けるんだ?」
「だって、あんっ。由果ちゃんの体、私とすごく相性がいいんだもの。いえ、あなたと相性がいいのね」
「幾ら何でもまずいだろ。由果ちゃんが気の毒だ」
「んふっ。そんな事言って、あなたも拒まないじゃない。子供は出来ないようにしているし、由果ちゃんが寝てから体を借りているから大丈夫よ。ねえ、もっと愛して」
「の、典子……」
「佐藤先生の方が良かったかしら?それとも向かいの西岡さんの奥さん?」
「お、おいおい……」
 結局、幽体離脱の癖は退院しても治らなかった。それをいいことに、典子は未だに他人の体を――快感を楽しんでいる。
 この、妻が公認する浮気はいつまで続くのだろうか?
 典子の行動に呆れる私だが、良明が気づかれなければ――。