更に一ヶ月の月日が経ったある日、理恵は何気なく読書をしたいと思い、電車で二駅離れた図書館へ足を運んだ。
相変わらずロングスカートを穿き、チ○ポが分からないようにしている。

「どれを借りようかな……」

恋愛物は嫌。
出来れば心が明るくなる本が読みたい。
そう心に思いながら書棚を見つめていると、不意に一人の男性に声を掛けられた。
年は三十五歳くらいだろうか。
ワイシャツに綿のズボンと身なりは普通だが、濃い無精ひげが汚らしい。

「なあ姉ちゃん」
「……な、何ですか」

理恵はサングラスのまま男性を見つめた。

「あんた……変わった趣味してるな」
「は?」
「女なんだろ?」
「……そ、そうですけど」
「なら、どうしてそんな物付けてるんだよ」
「えっ!?」

男性がロングスカートを見つめていた。
まさか!
理恵は瞬間的に股間を両手で隠した。

「な、何?何なの?」
「へへ。世の中には不思議な事があるもんだ。俺もあんたも同じだな」
「…………」
「あんた、変態なのか?」

この男性は何を言っているのだろう?
まさか、理恵の股間にチ○ポがついている事を知っているのだろうか。
理恵は気が動転してしまった。

「ちょ、ちょっと。あなた、さっきから何を言っているの?」
「何って。自分でも分かっているんだろ」
「知らないっ」

きっと危ない男性に違いない。
第六感がそう告げていた。

慌てて男性から離れようと図書館を出たが、男性は理恵の後を付いて来る。
それがとても気持ち悪かった。

「つ、付いて来ないでっ」
「ちょっと話そうぜ」
「嫌よっ。どうして話さなきゃならないのっ」
「そりゃあ……あんたが股間にそんな物をぶら下げているからさ」
「なっ……」

その言葉を聞いた瞬間、青ざめた。
そして、無意識に走り始めた。

「おい、待てよっ」
「来ないでっ!付いて来ないでっ」
「逃げたって駄目だぞ。俺はお前と同じ部類の人間なんだからなっ」
「な、何よっ。同じ部類って。勝手に同じ部類になんかしないでっ」
「待てよっ、おいっ」
「はぁ、はぁ。嫌っ!あっちに行ってよっ」
「それって付け外しが出来るのか?」

ロングスカートなので上手く走れない。
周りの視線がとても気になる。
理恵は泣きそうになりながら、懸命に足を動かした。

「もうっ。お願いだからあっちに言ってよ……」
「そんなに走るなって。別に取って食おうッて訳じゃないんだから」
「話なんてしたくないっ」
「……慌てるなよ。俺、寂しかったんだ。誰にも相手にされなくてさ。お前も同じなんじゃないのか?」
「何が分かるっていうのよ」
「俺はな。普通の人間じゃないんだ」
「…………」
「俺の話を聞いてくれよ。それだけでいいからさ」
「…………」

額から汗がにじみ出ていた。
そして、周りの視線に心が砕け散りそうだ。

「嫌よ……どうして付いてくるのよ……」

理恵はその場にしゃがみ込むと、恐怖と恥ずかしさで泣き始めてしまった。
男性はゆっくりと理恵に近づき、隣にしゃがみこんで小声で話す。

「俺、透視できるんだ。だから皆に気持ち悪がられた」
「ううっ……ううう」
「孤独なもんさ。誰も相手にしてくれないんだから」
「…………」
「あんたも同じなんだろ?見ず知らずの男に付きまとわれて気味悪いだろうけどよ。どうしてもあんたと話さなきゃならない気がするんだよ」
「……私は話したくない」
「だから聞くだけでいい。三十分。いや、十五分でいい。時間をくれないか」
「…………」

何を言っても無駄かもしれない。
理恵は涙を拭き取ると、男性の話を少しだけ聞いてやることにした――。