「それは先生の行動で私が判断するんだから。まずはその白いジャージを股間に食い込ませてよ」
「えっ……そ、そんな……」
「嫌ならいいの。先生の秘密、皆に全部話すから」
「…………」

篠崎先生は恥ずかしそうに斜め下に視線を落としながら、両手でジャージの前を掴んだ。
志郎が作るその表情は、本人としか思えないほど。
ほっそりとした大人の手がそのままゆっくりと上に引き上げ始めと、白いジャージの生地が徐々に股間に食い込み始め、割れ目が左右に開いた。

「み、水月さん。もういいでしょ」
「ダメ。そんなんじゃ食い込みが足りないよ。一回股を開いて、閉じながら引っ張ってよ」
「だ、だって……」
「早くしてよ。私、練習に戻らなくちゃならないんだから」

ニヤニヤしながら友里が笑うと、篠崎先生は仕方なく足を蟹股に開いた。
そして、一瞬ためらった後、ジャージを引っ張りあげながらゆっくりと足を閉じた。

「うう……」
「すげぇな……生地が割れ目にめり込んで左右にプックリと膨れてる」
「も、もういい……でしょ?」
「ダメダメ!そのまま」
「…………」

ジャージを食い込ませる篠崎先生の股間の前に、嬉しそうにしゃがみこむ。
博和は半分演技、半分地を出しているといった感じか。

「へぇ〜。すごくいやらしいな。ねえ篠崎先生、生徒の前でそんなことして恥ずかしくないの?」
「は、恥ずかしいに決まってるじゃないの。貴方がそうするように言ったんでしょ!」
「そんなに怒鳴らなくてもいいじゃない。それにしてもすげぇ。うわ、すごく柔らかいよ、ここ」
「あっ……」

友里の両手の親指が、割れ目の左右に膨れた肉をプニプニと押した。
その柔らかい感触を楽しむ指を、篠崎先生はじっと見ていた。

「ね、ねえ水月さん。もういいでしょ」
「だからダメだって」
「ちょっ……う……ふぅ」
「へへ。先生のここ、ちょっとおしっこ臭いよ」

食い込んだ生地の割れ目に、鼻を埋め込んで臭いを嗅いでいる。
そして、鼻の頭をすりすりと擦りつけたあと、口を開けて割れ目に熱い息を吹き込んだ。

「あぁ……そ、そんな事……」
「どう?蒸れちゃったかな?どれどれ」
「あっ……んんっ」

息を吹き込んだ割れ目に人差し指をめり込ませると、その敏感な感覚にジャージを引っ張りあげる篠崎先生の手が緩んだ。

「もういいよ。ジャージを持っていなくても」
「ああ……そ、そこ……ダメッ」
「ダメって何が?すごいよ、こんなに指がめり込んでる」
「んんん……」

異様にめり込んでゆく人差し指。
おそらく、そこは篠崎先生の……。

博和は友里の指を、ジャージの生地ごと何度も何度もめり込ませた。
すると、めり込ませたジャージの生地が、白から少しくすんだ色に変化してゆく。

「あ〜あ、篠崎先生ってジャージを濡らすくらい感じてるんだ」
「ち、違う……わ、私は……」
「だってこれ、明らかにマン汁でしょ」
「……い、いやらしい事……言わないで……」
「こんなに濡らしといて。どっちがいやらしいんだか」
「……あっ……も、もう許して……」
「ほら、動かないでよ」

友里の両手が白いジャージのゴムに掛かると、そのままズルズルと下ろし始めた。
もちろん、中に穿いていた黄色いパンティも一緒に。