「んっ、んっ。んふんっ」
「うっ……はぁ、はぁ」

実波を自由に使える稚香子に体を綺麗にしてもらった晴樹は、フェラチオをしてもらっている最中だった。
足を横に崩してチ○ポをしゃぶる実波がとても大人っぽく見え、稚香子の面影を感じる事が出来ない。

「す、すげぇ……」
「んくっ。気持ちいいでしょ」
「ああ。すげぇ気持ちいい」
「私って結構テクニシャンなのよ。この口で何人もの男性をイカせたんだから。んっ」
「そ、そうなのか?稚香子のフェラチオとはまた違って……」
「んんっ。そうよ。これが水西実波のフェラチオテクニックなの」

稚香子は実波の記憶を覗いて、フェラチオのやり方を読み取ったらしい。
実波が他の男性にするように、晴樹に奉仕する。


「んふぅ。んん〜」
「ううっ!」

顎を大きく開いて、チ○ポを喉の奥まで誘い込む。
そして、口で――と言うよりは、喉を使ってフェラチオした。
手で睾丸を転がす事も忘れない。

「やべぇ。それっ……気持ちよすぎるっ」
「んぐっ、んぐっ……んっ、んんっ……んん」
「はぁ、はぁ。も、もう……イ、イキそうだっ」
「んっ、んっ、ん、ん、ん、ん、ん、ん、んっ、ぅんっ」
「で、でるっ!うくっ!」
「んんっ!……んっ……んっ……」

あまりの気持ちよさに、喉元に直接射精した晴樹。
稚香子はそれを拒まず、実波の食道に大好きな晴樹の精子を流し込んでいった。



「コクン、コクン……はぁ、はぁ。晴樹君の精子。濃くてすごく美味しかったわよ」
「すげぇ……こんなフェラチオ、初めてだ」
「ふふ。そうなんだ。ねえ晴樹、そんなに気持ちが良かったの?」
「ああ。すげぇ良かった」
「そうなんだ。じゃあ私もこのフェラチオの仕方、覚えておこっと!」

稚香子の話し方に戻った実波の表情は、大人びた中にも何処となくあどけなさを見せていた。
フェラチオの時に見せた表情とは別物。
やはり性格によって、人の表情は変わるものなのだろうか?

「じゃあ本番をやろうぜ」
「うんっ!」
「本番は部屋に戻ってやろうぜ」
「え?でも、もうこんなになってるのに」

稚香子は実波の股間にスッと指を這わせると、愛液に包まれ艶やかに光っているところを見せた。

「もっと興奮させてやるから」
「もっと興奮?」
「ああ。ほらっ」
「う、うん」

晴樹はニヤリと笑いながら、稚香子を別の部屋に連れて行った――