Ts・TS

主にTSFを取り扱った創作物と、
個人的な日記を掲載しています。
創作物は
フィクションです。

近親相姦

私の可愛い弟

姉の服を着ている所を見つかった弟は、姉が中学生の時に着ていた体操服とブルマを穿かされ……。
女装モノは初めて作ったかもしれません。
近親相姦が含まれるので、抵抗のない方だけ閲覧ください(^^;

続きを読む

あけましておめでとうございます

今年もよろしくおねがいします。
正月といえば初詣…といえば着物姿の女性ですね!
綺麗に着飾った姉が家に帰ってきた途端、男口調で弟にあんな事をする漫画を3ページだけ作ってみました。
正月からダークな内容なので……どうなんでしょw

続きを読む

そんなに妹が好きなんだったら…(前編)

この漫画は近親相姦が含まれます。また、女性が女性に乗り移る内容となっていますので、その様な内容が見たい人だけ見て下さいね。
続きを読む

超常現象サークル(番外編最終話)

番外編の最終話です。
女性から女性への憑依と、兄妹の近親相姦が含まれますので、
閲覧される方はそれを理解した上でクリックして下さい(^^
続きを読む

超常現象サークル(番外編2)

番外編の続きです。
女性同士と近親相姦が含まれます。続きを読む

超常現象サークル(番外編1)

 このお話は、「超常現象サークル」の番外編です。秋田によって好き勝手に身体を使われた紗枝が、秋田に仕返しをする内容になっています。
 女性同士、近親相姦が含まれますので、閲覧される方はご注意ください。
ちょこちょこと書いていきますので。
続きを読む

苛めの代償(最終話)

「ほら、おばさんのマ○コと繋がったよ。気持ちいいでしょ?」
「ううっ……。や、やめてくれよ岡原」
「嫌だって。おばさんの体、すごく気持ちいいんだ。こうしてマ○コの中にチ○ポを入れられるのがこんなに気持ちがいいなんて」
 那津子は彼の上でゆっくりと腰を動かし始めた。膣を満たす肉棒に愛液が絡まり、何とも言えない快感を芳郎に与える。早く母親を引き離さないと、膣の中に射精してしまう――芳郎は思った。生温かい膣壁が肉棒を歓迎し、締め付けながら撫でてくれる極上の気持ちよさに、彼は身震いした。
続きを読む

苛めの代償(その6)

 岡原の言う事を聞くしかない。しかし、母親の股間を舐めるなんて事、出来る訳が――。

「母さん……」

 幾ら拒んでも、母を取り戻すためには従わなければならない。
 芳郎は力いっぱい目を閉じたまま、横に向けていた頭をゆっくりと上に向けた。口の周りに生温かくて滑った感触が広がる。それは彼が表現するには難しい感触だった。鼻から顎に掛けて触手に舐められているような――いや、実際に触手に舐められた事は無いが、そんな雰囲気がした。
続きを読む

苛めの代償(その5)

 そんな彼を無視する那津子は彼の頭を両手で掴み、強引に左胸へと押し付けた。掴まれた両手の手首を強く握り締め、男の力で引き離した芳郎だが、母はそのまま彼を押し倒すように圧し掛かってきた。
続きを読む

苛めの代償(その3)

「何だよ、今日の母さんは。変なことばかりしてきて、まるで別人みたいだ」
 スナック菓子を持って自分の部屋に上がった芳郎は、ベッドの上に寝転がると先程読んでいた漫画を開き、目を通しながら菓子を食べ始めた。しばらく読んでいたが、バスルームで久しぶりに見た母の裸体が頭にちらつき集中できない。女性経験は無い彼にとって、生の裸は母親しか見た事が無かった。園児の頃に銭湯へ連れて行かれ、女風呂に入る機会があったのだが、幼い彼は女性の裸体に興味がある筈も無く、プールの様に見える大きな湯船や泡が出てくるジェットバスに夢中になっていた事だけ覚えている。
続きを読む

人質(最終話)

 優しく揉んでみると、その柔らかさと弾力が掌いっぱいに広がる。妹が女性だと言う事を再度認識した瞬間でもあった。隣で左肘を立てて寝転がり、右手で精液が染み込んだ生地に包まれる二つの胸を交合に揉むと、可愛らしい唇の隙間から「んっ、ふっ」と切ない声を出した。

「ねえお兄ちゃん。妹の胸を揉むってどんな感じ?」
「……べ、別に」
「興奮する?」
「揉みたくて揉んでいるわけじゃないだろ。興奮なんてしない」
「ふ〜ん、勃起したチンポで興奮しないって言われてもねぇ。じゃあ直接揉んでみてよ」
「えっ……」

 智代は悪戯っぽい目で俺を見つめながら右手を頭の後ろに回し、左手で右脇の水着を上に引っ張った。肌色の乳房と生地の間に隙間が出来、水着の中が少し見えている。

「ほら。さっき私がしたように、水着の中に手を入れて揉んでよ」
「…………」

 水着を脱がないで愛撫するとはこういう事か。躊躇いながらも、その隙間に右手をゆっくりと忍ばせた。
続きを読む

人質(その4)

「あ〜あ。見てよお兄ちゃん。こんなにべっとりと付いちゃった」
胸元にべったり……
 スクール水着から肉棒を引き抜いた智代は、体を反転させて俺の下腹部に女座りした。胸元から鳩尾辺りの生地に精液が滲み、濃い紺色になっている。すでに射精時の快感は消え失せ、後悔の念に駆られる俺の気持ちを無視する桃木は、智代の両手をスクール水着の両脇から忍ばせ、精液を胸に塗り広げ始めた。水着の生地に指の形が浮かび上がり、その指がいやらしく胸を弄る様子がうかがい知れる。

続きを読む
ご注意!
当ブログは18才未満の方には相応しくない内容が含まれていますので、誤って訪れた方は即退場していただきますよう、よろしくお願いします。
創作物の著作権はTira(イラストは絵師さん)にありますので、無断転載は禁止です。
トップページのみリンクフリーです。
管理人:Tira

PDF作品


個人誌へGO!

欲望のままに DLsite.com直リンク

光る指先

欲望のままに

奪われた従姉の体
言語変換
翻訳ボランティアの募集
カウンター
since 2000.12.28
【旧Ts・TS】から




月別アーカイブ
頂いたイラスト
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • どうにもならない(ブログバージョン)その6
最新コメント
ちょこっとアンケート






















記事検索
タグ絞り込み検索
作品カテゴリ
バナー
バナー