Ts・TS

主にTSFを取り扱った創作物と、
個人的な日記を掲載しています。
掲載している作品は
フィクションです。
実在の人物や団体などとは
関係ありません。

水着

母と娘に憑依した男たちは…

リゾートプールにいた母娘が、スケベな男たちに身体を乗っ取られたらきっとこんな感じなんですw
多分続きません(^^;
続きを読む

水着女性が女幽霊に身体を乗っ取られるシーン

そのままです。
彼と一緒に海に来ていた彼女ですが、溺死した女幽霊に身体を乗っ取られるシーンです。
ちょっとリハビリがてらに作ってみました。
この髪形の女性が好きなんです(^^

続きを読む

夏の卑陋(後編)

前編の続きです。
こんなことがしてみたいものです(^^


続きを読む

夏の卑陋(前編)

折角MODを当ててみたので、ちょっと寄り道して作ってみました。
水着の女性っていいですよね!
こんな女性に乗り移ってエッチな事がしたいものです(^^続きを読む

【TSF】挿げ替え君

久しぶりにコミPo!を使って、首から下を挿げ替えるネタを作ってみました。白昼堂堂と挿げ替えられたらたまりませんねw
12_001

【憑依漫画】俺たちのナンパ術(後編)

前編の続きです。
この「俺たちのナンパ術」は気合で作りました(^^
前編、後編で20時間くらいでしょうか。
やはり実際に絵を描く事を考えると、とてつもなく大変だと感じますね。
水着姿の新妻に憑依した加藤は、その身体を使って菱川とエッチな事を楽しみます。
着たままってのは、個人的にそそられます。
着エロっていうんですかね。
裸よりも何かを身に纏っている方が何故かセクシーに思えてしまいますです。はい。

久しぶりに集中して作れた3連休でした。
続きを読む

【憑依漫画】俺たちのナンパ術(前編)

コミPo!だけで憑依エロ漫画を作ろうと、ちょっと頑張ってみました。
水着の素材を買ったのですが、すでに夏も終わっちゃいましたね(^^
強引に身体を奪っちゃうんですけど、彼らにとってはこれもナンパの一つみたいです。
続きを読む

ウルトラSS(その51)

「早く行かないと授業に遅れちゃうっ!」

 ちょっとした用事で着替えが遅くなってしまった木ノ倉瑠璃子は、スクール水着に身を包むと急いで教室を出ようとした。
 しかし、ふと彼女の目の前に現れた雲の様な灰色の塊に、一瞬足を止めた。

「えっ!? な、何?」

 そう思った矢先、その雲が勢いよく口の中に入り込んできたのだ。

水着少女1

「ああっ!」

 その反動で体が仰け反り、一歩後ずさりする。口内が冷たい冷気に包まれ、その感覚が喉から食堂へと降りてゆく。

「はっ……あぁぁ。うっ、んううっ」

 体が硬直し、その侵入を阻止できない彼女は全ての雲を飲み込むと、挙げていた手を下ろしてグッと目を閉じた。
続きを読む

ウルトラSS(その45)

セーラー水着
「うお!マ、マジで乗り移って来たのか!?」
「ああ。PPZ-4086を使えば簡単なことさ。少々高いけどな。どうだ吉住。お前が言っていた井森の体にセーラー服&スクール水着は」
「GJさ!マジでGJだよ。飽田、お前ってサイコーの友達だよ」
「まあな。一週間もベッドに寝ているんじゃ退屈だろうと思ってさ。折角、井森を乗っ取って来たんだから、この体で楽しもうぜ」
「楽しむって……やっちゃうって事か」
「それ以外に何がある?」
「うおおっ!」
「コラっ。大きな声を出すなよ」
「出さずにいられるかっての。そのスクール水着に隠されたアソコに入れてもいいんだよな」
「ああ。ただし、中出しはするなよ。後で面倒な事になるのは御免だから」
「分かってるって。と、とりあえず……そのまま抱きしめさせてくれないか」
「……そうだな。俺としてはちょっと気持ち悪いけど、井森の体だから仕方ないか。抱かれてやるよ」
「サンキュ〜!」
「あっ!そんなに強く抱きしめるなよ。ちょっ……いきなり胸を揉んで……あっんっ。お、おい。後ろから水着の中に手を……うっ。そんなに強くお尻を揉むなよ。んっ……はぁ。ああっ!それは肛門だって……。も、もう……だめだって……」


……こんな感じでお見舞いに来てくれるツレがいたらすごく嬉しいですねぇ(^^
ということで、ほんとにウルトラ!SSでございました。

ウルトラSS(その41)

 誰もいない学校のプール。少し生ぬるい風が、水面に波紋を作っていた。
 夜空を見上げれば幾つかの星が見え、月は半分欠けていた。昼間は授業や部活で賑わうプールサイドが嘘のようだ。
 俺はこの静まり返った夜のプールサイドで、水着姿になって沖田と待ち合わせをしていた。
 沖田は小学校からの友達で、毎日の様に遊んでいる親友。いや、悪友と言った方が正しいかもしれない。別に不良とか、「悪」と言うわけじゃないけど、あいつが生まれつき持っている不思議な力は、他人からすればそう思う人もいるだろう。
 俺としては、沖田の不思議な力で色々と楽しませてもらっているから構わないんだけど。
 待ち合わせをしている、二十時三十分を少し過ぎたところ。入口に人影が見えた。
 何も言わずに見ていると、その人影はプールサイドを歩き、真っ直ぐ俺に向かってくる。
 その姿がはっきりと見えた時、俺の鼓動が高鳴った。
 長い髪が揺れ、体に密着している水着がセクシーだが、彼女は沖田ではなかった。
プールサイドで。。。0
 俺の前に立ち止まった彼女が俺に微笑みかける。彼女の名はクリス。昨日、俺のクラスに転校してきた女の子。外国で育った彼女はまだ英語しか話せず、語学力の乏しい俺達はクリスが何を話しているのかさっぱり分からなかった。もちろん、まだ一言も会話をしていない。そんなクリスがこうして夜のプールサイドに現れたのは偶然ではなく――。

続きを読む

ウルトラSS(その21)

私の先輩
「あ、赤越先輩……」

 誰もいなくなった男子更衣室。私は鏡越しに赤越先輩の恥ずかしそうな表情を見ていた。私が見つめると、先輩も見つめ返してくる。水着姿の先輩はすごくたくましくてセクシーに見えた。

「ごめんなさい。私、どうして先輩と一つになりたかったの。中学の時からずっと先輩の事が好きで……。本当に好きでたまらなかったの。でも先輩は私の気持ち、分かってくれてなかったよね。先輩に振り向いてもらう方法はこれしかなかった。違う形で一つになったけど、こうすれば先輩は私の言う事を何でも聞いてくれる。この体も声も、全部私の思い通りになる。ああ……。先輩、そんなに見つめないで……」

 私がネットで見つけたのは、幽体離脱して他人の体に憑依できる不思議な薬。この薬を使って、部活が終わった先輩の体に乗り移ったの。私が幽体になって先輩の体に入り込むと、苦しそうな表情でうめいていた。でも、先輩はすぐに驚いた表情に変わった。それは私が作った表情だったから。

「赤越先輩は那津子先輩とエッチしたんだよね。先輩のこれを使って……」

 先輩の手を使って、水着越しにオチンチンを触ってみる。私の体には付いていない異様な感触は、すぐに硬くて大きくなった。

「わ、私が興奮しているから先輩のオチンチンがおっきくなったの?」

 いけない事だと分かっていても、もう気持ちを抑えることができない。
 青い水着を引っ張って中を覗いてみると、大きくなったオチンチンが私を見ているようだった。

「これが……先輩のオチンチンなんだ」

 一層、顔が熱くなる。
 思い切って水着を脱ぎ、生まれたままの先輩を鏡に映した。

「せ、先輩……大好き。私、先輩の事が大好きなの」

 先輩の太い声で呟くと、少し奇妙な感じがする。
「ああ……。先輩、もうダメ。私、先輩の体で……エッチな事がしたいよ」

 大きな手でオチンチンを握り、そのまま上下にしごいてみる。それはすごく刺激的な感覚だった。先輩が私の前で恥ずかしそうにオナニーしている。いつもは男らしい先輩が、私と一緒になってしごいているんだ。

「はぁ、はぁ、はぁ。……あっ。先輩っ!先輩っ!」

 少し強く握り締め、素早く手を動かす。するとオシッコがしたくなるような感じがした。そして――。

「あっ。な、何これっ!?あっ……やんっ!ああっ!あっ!あっ!」

 ビクビクッと体が震え、オシッコが出たのかと思った。でも、この気持ちよさは半端じゃない。そして先輩のオチンチンから白い液体が噴出し、鏡や床に飛び散った。

「は、はぁ、はぁ、はぁ……。こ、これって……イッたんだ。私、先輩の体でイッちゃったんだ」

 手に付いた白い液体――精液を見た私は、その手を鼻の前に持ってきて匂ってみた。初めて嗅いだ精液の匂いは、私の脳を蕩けさせた。

「先輩の精液の匂い……すごいよ。もう一回出来るのかな?ねえ先輩」

 鏡に映る先輩は嬉しそうな笑顔を作っていた。私、ずっと先輩の体で居たいよ。ずっと先輩に乗り移って、先輩として生きて行きたい。先輩の代わりに勉強して、部活をして。先輩が望むなら、このオチンチンを使って那津子先輩とエッチしてあげる。

「先輩は私だけのものだよっ!」

 そして私は、もう一度先輩の体で男性の快感を味わった――。


……ということで、今回は女子水泳部の後輩が男子水泳部の先輩に乗り移るという、男性からすれば萎える内容でした〜w
 
 

水着に黒タイツもなかなかよろしいかとw

フリーキャラを使って遊んでみました。
こういう組み合わせも個人的には好きだったりしますw
続きを読む
ご注意!
当ブログは18才未満の方には相応しくない内容が含まれていますので、誤って訪れた方は即退場していただきますよう、よろしくお願いします。
創作物の著作権はTira(イラストは絵師さん)にありますので、無断転載は禁止です。
トップページのみリンクフリーです。
管理人:Tira

PDF作品


個人誌へGO!

欲望のままに DLsite.com直リンク

光る指先

欲望のままに

奪われた従姉の体
言語変換
翻訳ボランティアの募集

カウンター
since 2000.12.28
【旧Ts・TS】から




月別アーカイブ
頂いたイラスト
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • どうにもならない(ブログバージョン)その6
最新コメント
ちょこっとアンケート























創作漫画ランキング
記事検索
タグ絞り込み検索
作品カテゴリ
バナー
バナー