Ts・TS

主にTSFを取り扱った創作物と、
個人的な日記を掲載しています。
創作物は
フィクションです。

乗り移る

【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン

pixivを利用されている方はご存知ではないでしょうか。
憑依や時間停止などのイラストを描かれているハツさんが、【歪められた理想】の挿絵を描いてくださいましたので、当ブログでも使用させて頂きました。
ハツさん、どうもありがとうございます!
「続きを読む」からご覧下さい。
作品全体を掲載していますが、過去に掲載していたバージョンでいうところの、「その5」の部分になります。

また、ハツさんの魅力的なイラストが掲載されている
pixivページはこちら↓
ttp://www.pixiv.net/member.php?id=3648097
(見るためには、pixivユーザ登録が必要です)続きを読む

生徒会長萌え(その3)

「じゃあ今度は蕗谷の番だ。何からして欲しい?」
「な、何からって……」
「このまますぐにセックスしてもいいぜ。お前がジロジロと見ていたせいで、幹川さんのマンコは十分に濡れているみたいだし」
「触ってないのに分かるのか?」
「まあな。下半身がジュンと熱く火照るんだよ。こうなったら濡れている証拠なんだ。幹川さんの記憶がそう言ってる」
「幹川さんの記憶が?」
続きを読む

PDFファイルの追加

「僕だけのレースクイーン」をPDF化し、掲載しました。
文字カウントすると、約22,000字になるのですが、四百字詰め原稿用紙に換算すると55枚分ですね。
私は中学の時、国語は通信簿の5段階中の「2」で読書感想文などは大の苦手だったのですが、我ながらよく文章が書けるようになったなあと思いますよ。
以前も書いたかと思いますが、やっぱり「好きこそ物の上手なれ」なんですかねw

PDF作品の追加

ようやく「初憑依」をPDF化しました。
この作品は結構エッチな内容になっていて、幽体を半実体化させた状態で女性の体を刺激し、軽くイカせたところで体の中に入り込んで支配するという、少々変わった憑依の仕方です。
私としては、透明人間や超能力的な方法で悪戯されるシチュエーションが入るのでハァハァするのですがw
6万字を超える作品となっており、私の中では「長編」ですね(^^;
TiraのPDF作品」から閲覧することが出来ますので、よろしければお読みくださいませ〜。

初憑依(その13)

 歩いている間も膣の中で何かが動き回っている。そして、膣から陰唇に戻った感覚はクリトリスに伸び、美香の下半身を熱く火照らせるのだった。

続きを読む

初憑依(その2)

(へ、平治なのか?もしかして彼女の体に乗り移れたのか?)

 もちろん、幽体となっている海十の声を彼女は聞くことが出来ない。

「近くまで来ているのなら俺の近くで話を聞いてくれ」

 また独り言のように呟いた。

 「陣貝美喜子、二十三歳か。顔も可愛いけど声も結構可愛いな」

 美喜子は海十に聞こえるように名前と歳を呟くと、食べかけのパンを手に取った。

(なあ平治っ!お〜いっ!くそっ。やっぱり俺の声が聞こえないんだ)

 海十は已む無く、美喜子の横に漂った。

「人が齧った(かじった)パンを食べるのって抵抗あるけど、彼女が齧ったパンなら食べられるか……っていうか、自分が齧ったパンだし」

 並べていた足を組んだ美喜子がパンを頬張る。空いた腕をベンチの背もたれに掛けて食べる様は、少々偉そうな印象を受けた。

「この体はもう俺が支配しているんだ。彼女がイッた時に膣から入り込んで、幽体を体全体に広げる感じ。足の指から手の指、そして頭の先まで。そうすれば自然に幽体が体に馴染んで溶け込むことが出来るんだ。彼女の精神は抵抗する間もなく俺が支配した。だから体だけじゃないぜ。彼女の全てさ」

(全てってどういう事だよ?)と問いかけても、美喜子に乗り移っている平治には聞こえない。しかし、平治は美喜子の口を声を使って話を続けた。

「彼女の全てっていうのは、これまで生きてきた人生そのものって事。例えば高校二年で処女を失ったり、十一歳で初潮を迎えたり、初恋は小学一年生の時だったり。俺は彼女が覚えている記憶を全て知ることが出来るし、何を経験してきたかも分かる。もちろん、俺が乗り移るまでに何を考えていたか、これからどうしようと思っていたかも」

 パンの代わりにカフェオーレを口にした美喜子は、更に話を続けた。

「私は両親の反対を押し切って都会に出てきたの。憧れてたんだ……都会暮らしに。でも、いざ都会で生活してみるとすっごく大変。給料は安いし、物価は高いし。おまけに二年先輩の木谷さんがしつこく言い寄ってくるし。かなりキモイのよね。背は低いしブサイクだし。……こんな感じで陣貝美喜子を演じることが出来るんだ。体を乗っ取るというよりは、他人の人生ごと乗っ取れるんだ。すごいだろ」
(すげぇ……マジですげぇや!)

 少し間を置いた後、また美喜子が話を始めた。

「この状態になるためには完璧に乗り移らなければダメなんだ。まあ、一かゼロかのどちらかだな。乗り移れたら俺と同じようになれるし、無理に乗り移ろうとしても相手の精神っていうか、魂に拒否されるだけだから。だから上手く相手をイカせ、快感で体と精神が開放された瞬間に乗り移らなければダメなんだ」

 パンを食べ終わり、ベンチから立ち上がった美喜子は思い切り背伸びをした。

「乗り移る練習をする必要があると思う。最初は俺も簡単には乗り移れなかったからな。一人でいる女性を見つけて乗り移って見るといいぜ。気持ちよくさせないと必ず拒否られるから気をつけろよ。かなり苦しがって大変な事になるんだ。分かったか?」

 海十は頷くと、(さっそく試してくるよ!)と言って空高く舞い上がった。

「……海十、行ったかな?そろそろお昼休みも終わりかぁ。でも会社に戻るの嫌だな。適当な男を引っ掛けて犯されちゃおっか。いや、やっぱり会社に戻って同期の香帆とレズるほうがいいか」

 美喜子の記憶を盗み見る平治は左手首にある腕時計を見ると、その体を操りながら会社へと戻っていった。
ご注意!
当ブログは18才未満の方には相応しくない内容が含まれていますので、誤って訪れた方は即退場していただきますよう、よろしくお願いします。
創作物の著作権はTira(イラストは絵師さん)にありますので、無断転載は禁止です。
トップページのみリンクフリーです。
管理人:Tira

PDF作品


個人誌へGO!

欲望のままに DLsite.com直リンク

光る指先

欲望のままに

奪われた従姉の体
言語変換
翻訳ボランティアの募集
カウンター
since 2000.12.28
【旧Ts・TS】から




月別アーカイブ
頂いたイラスト
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • どうにもならない(ブログバージョン)その6
最新コメント
ちょこっとアンケート






















記事検索
タグ絞り込み検索
作品カテゴリ
バナー
バナー