Ts・TS

主にTSFを取り扱った創作物と、
個人的な日記を掲載しています。
掲載している作品は
フィクションです。
実在の人物や団体などとは
関係ありません。

【変身関係】雑記

ナミさんの容姿をコピーできるなんて羨ましいですね

ワンピースに登場するボンクレーが、ナミさんの容姿をコピーするシーンをでじたるメイトで表現しました。
台詞はありませんが、雰囲気は伝わるかなぁと思います。
ナミさんになりすまして、本人に裸体を見せ付けたり、
ビビの前で胸を曝け出したり…う〜ん、やっぱり羨ましいですw
ナミさんの次はビビに変身してコッソリエッチな事を楽しんでみたいものです。

なお、ワンピースが好きな方が見ると不快に思うかもしれませんので、上記の内容をご理解の上、閲覧してください。
不快に思われても責任は持てませんので(^^
続きを読む

友人の悪戯がまた悪趣味で(^^

hensin_001
男子生徒の友人が彼女に成りすましているイラスト。そっくりに変身しているので彼はどちらが本物なのか分からないようです。きっとエッチさせてくれる方が本当の彼女なんですよ(嘘っ

【他者変身】オヤジがOLにへんし〜ん!

この二人、どういう関係か分かりませんが、彼女の周りをウロチョロしている男性が鬱陶しいらしく、彼女に変身してふりに行くようです。こんな形でふられちゃうのは嫌ですねぇw
続きを読む

こんな感じで作成中!…と日記。

魔法少女の続きを作っています。
早めに完成させたいと思うのですが。。。
mahou2_012



明日は会社で健康診断があります。
随分と体重が増えたので、体重計に乗るのが嫌ですね(^^
今は少しずつダイエットしていますが、やっぱり飲み会というイベントでは暴飲暴食するわけで。。。
昔のズボンが穿けるように頑張ります(^^

最近はTSF関係の漫画やイラスト、小説やビデオ、ゲームなどがたくさん出ていますね。
サイトやブログも多く立ち上がっていますので、検索すれば嗜好にあった内容が閲覧できる状態ではないでしょうか。
ジャンルも細分化されていますから、ピンポイントで見たい(読みたい)物があったり……。
一昔前とは随分と変わったものです。
TSFというジャンルは、もっとメジャーになっていくのでしょうかね?
5年後、10年後にはどうなっているのでしょう。
ふとそんな事を考えてしまいました(^^

ブラジャーに変身(憑依)したら……

女子高生が身につけているブラジャーに変身(憑依)し、セーラー服の内側から「むにゅっ!」と胸を揉んでみたら……。
こんな感じでしょうか(^^
コミPo!とでじたるメイトを使用しています。

bura_hensin_001
bura_hensin_002


まさにやっつけ仕事です(^^;

皮モノにチャレンジしましたが……。

コミPo!で皮モノがどれくらい出来るかチャレンジしましたが、やはり難しいですね。
皮モノ皮モノ皮モノ……と念じながら見たら、そう見えるかもしれません(悲
続きを読む

お礼ページの追加(23ページ目)

久しぶりにお礼ページを追加しました。
今回はTSFじゃなくて「物」への変身。
ビキニに変身した悪友二人が、女子高生の胸や股間に張り付き、悪戯しています。
私も一度はこんな悪戯をしてみたいものですw

悪戯の世界……

少し画像を加工してみました。
ブラジャーに憑依した男の子が、女子生徒のセーラー服の中で彼女の胸を弄ぶ……。
こういうシチュエーションには激しく萌えますねw
胸を揉まれている様子を上手く表現できましたかね(^^;



「あっ、あんっ……」
 美千子は女性専用車両の中でビクンと体を震わせた。
 周りには彼女と同じ制服を着た女子高生達が数名いるのだが、友達ではないらしく、美千子は一人で立っていた。
 誰も美千子の異変に気付く生徒はおらず、また他の乗客も彼女の口から漏れた切ない喘ぎ声は届いていないようだ。
「や、やだ。修斗君……だ、だめだよ。こんなところで動いちゃ……」
 独り言の様に呟いた美千子は、またビクンと体を震わせた。
 少し息が乱れていて、鞄を持つ手に力が入っている。
「んっ、んんっ……ぁっ」
 まるで痴漢をされているような雰囲気だが、彼女の周りには女性ばかり。
 しかも、美千子に触れる女性は一人もいなかった。
 ただ一つ不思議に思えるのは、誰も触っていないにも拘らず、白いセーラー服の胸元がいびつに動いている事だった。
続きを読む

おじさんズ

グニョニョニョニョ〜っと変形して姿を変えるのは、まるで機械人間のようですが(^^

おじさんズ1
「仕方ないですな」
「娘がどのような友達と遊んでいるのか……。親としては知っておきたい所ですから」
「それにしても恥ずかしいのぉ。ワシは孫の姿に変身するわけじゃから」
「それは私だって同じですよ。でも、一度は見ておかないと」
「そうですね。一度は見ておかなければ」
「……ではそろそろかのぉ」
「今なら誰も見ていませんし、この薬を飲んで娘の……秋吉さんは孫を脳裏に思い浮かべてください」
「分かりました。それでは……」

グニョニョニョ〜ン……。

続きを読む

ちょっと寄り道(その2)

その2でございます。
あっという間に終わってしまいますが(^^;


続きを読む

ちょっと寄り道(その1)

こんな事をしている場合では無いのですがちょっと寄り道です。

仮タイトル「コピー機」w

続きを読む

ちょっと遊んでみました(変身君の続き)

変身3








「ごめんね可奈。急に上がり込んだりして」
「ううん、別に用事してたわけじゃなかったから。でも亜貴、今日は何の用だったの?」
「うん。別に大した用があったわけじゃないんだけど、ちょっと可奈の顔が見たくて」
「変な亜貴」
「そう?だって私、可奈の事を親友だと思っているし、大好きなんだよ」
「私も亜貴のことは親友だと思ってるよ」
「ありがと!ねえ可奈……」
「何?……ちょ、ちょっと……」
亜貴に変身した俺は、亜貴に成りすまして可奈の家に上がりこんだ。
もちろん、亜貴には悪いがしゃしゃり出てこれないようにしばらく家で眠ってもらっている。
全く疑おうとしない可奈に、あくまで亜貴として接した俺はさりげなく可奈の背後に移動し、そっと抱きしめた。

変身4







「ねえ可奈」
「あ、亜貴?」
「私、本当に可奈の事が大好きなの」
「わ、私も好きだけど……や、やだっ」
「お願い、動かないで」
「だ、だって……」
「可奈の胸、すごく柔らかいよ」
「ま、待って亜貴。どうしたの?こんな事……やんっ!」
俺は背後から亜貴の手を使って可奈の胸を揉んでみた。
制服越しにも分かる胸の柔らかさ。
それに、体を密着すると変身した亜貴の胸が潰れる感触が分かる。
それもまたたまらなかった。
「ごめんね可奈。私、可奈の事が好きでたまらないのっ」
「だ、だめっ!こんな事しちゃ……ああっ!」
強引にスカートを捲り、ショーツの上から股間を弄る。
すると可奈はビクンと体を震わせた。
「可奈も私の事、好きなんでしょ。だったら……お願い」
「そんな……だ、だめよ。んっ……はぁっ」
「大好きだよ可奈。もう放さない」
「やぁ〜。あっ、んんっ。そ、そこ……弄らないでっ」
「だって……私がちょっと触っただけでヌルヌルしてるよ。可奈も私とこんな事、したかったんでしょ」
「そ、そんな事……ない。だって私と亜貴は女の子同士なんだ……から。あんっ!」
「いいじゃない、女の子同士でも。愛し合っているんだから」
「んっ、んんっ……あ、亜貴……」
俺は亜貴の声で可奈を陥れた。
抵抗していた手の力が抜け、俺に体を預けてくる。
こうなればもうこっちのもの。
制服を脱がせてベッドに横たわらせると、俺も全裸になって亜貴の体を可奈に見せてやった。
そして、禁断のレズプレイを楽しんだのだった――。


ってな感じで、即席で作りました。
ああ、そろそろ嫁さんが子供を連れて公園から帰ってくるのでお開きです〜。

ちょっと遊んでみました(変身君)

こんな変身能力が欲しいものです(^^
変身1







「どうだ?そっくりだろ」
「ちょ、ちょっと!その体で私の頭をコピーしないでよ。気持ち悪いじゃない」
「そうか?俺の体にお前の頭が付いているのって結構そそられるんだけどな」
「私が変態みたいだからやめて!」
「そっか、じゃあ……」

変身2







「なっ……」
「どうだ?これで完璧にお前と一緒になっただろ」
「か、体まで……コピーしてるの?」
「ああ。もちろんお前のアソコもなっ!」
「う、うそ……」
「ほんとだもん。信じないなら見せてあげよっか」
「わ、私のしゃべり方まで真似しないでよ」
「どうして?私は私だからいいでしょ。そうだ!可奈の家に遊びに行こうかな?」
「や、やめて!」
「大丈夫だよ。しゃべり方も仕草も全く真似るから。クスッ!」

ってな感じで、彼女の体を完璧にコピーした彼が女友達の家に遊びに行って、はぁはぁする内容がそそられますねぇ。

TS物じゃないけれど、個人的にはこういうのも好きなんです

アイテム物なんですけどね。
所定の場所に一本の髪の毛を植えつけると、その髪の毛を持つ人間の姿に変身するダッチワイフがあるとします。
そのダッチワイフは、変身した相手の体の動きを支配することが出来るのです。
ダッチワイフの両手を挙げれば、相手の両手も上がります。
そして、ダッチワイフに触ると相手も触られたという感覚が伝わるのです。
もちろん胸を揉めば、相手の胸もまるで透明人間に揉まれているように変化します。
また、髪の毛を植えつけ、変身した瞬間、ダッチワイフは変身した相手と同じ行動を取ります。
例えば歩いているのなら歩き始めますし、座っているならば部活で電気椅子をしているような体勢になります。
だから、あらかじめ椅子に座らせた状態で変身させるのが良いですね。
基本的にはダッチワイフに主導権がありますので、相手はほぼ強制的に動きを受け入れることになります。

あるマンションでの出来事。
隣に住んでいる美人な新妻とエッチな関係を持ちたいと思う中年男性がいます。
彼はお金を叩(はた)いて人を雇い、隣の家(部屋)の数箇所に隠しカメラを仕込ませます。
そして、部屋に落ちていた新妻の髪の毛を持ち帰らせた後、新妻の行動を監視するのでした。
中年男性は、新妻がテーブルで旦那と食事を取っているときに、無理矢理足を開かせたり、胸に吸い付いてみたりします。
突然動き出す足。
そして胸に吸い付かれた感触。
驚きと戸惑いの新妻ですが、さらに悪戯はエスカレートします。
最終的には、旦那と寝ているベッドで寝取られてしまうのです。

ダッチワイフに植えつけた髪の毛を抜くことで、体の支配は終了しますから、必要なときに植えつければよいという便利なアイテムです。

う〜ん。
まあ、ありがちかもしれませんねぇ(^^

最近は

変身物とか書きたいなぁとも思うんですけどね。
ちょっと時間がないですねぇ。
まぐりょではTS以外のお話を結構書いていたのですが、最近は全然書けていないです。
3月の後半くらいには何か書いてみたいものです。

夏服は良いですね

女性の夏服は良いですね。
体のラインがしっかり現れていてセクシーです。
若い女性はよく背中が見えるような服装をしています。
ジーパンから少しだけ見えるパンティにはドキッとしますね。
で、そんなパンティに変身して若い女性に身に付けていただくと尚更ドキッとします(笑

自転車に乗っている女性のパンティに変身してサドルを漕ぐ度にわざと食込んでいきます。
ジーパンだと直しようが無いので、そのまま自転車に乗っていることしか出来ない状態。
思い切りお尻に食込んであげた後、今度は前の方も食込んでいきます。
お尻なら食込んでしまうことも無きにしも非ずですが、前の方が食込む事なんてきっとないでしょう。
違和感を抱きつつ、そのまま漕いでいるとジーパンの中では前も後ろも思い切り食込んだ相撲取りのマワシのような状態に。
割れ目に食込みつつ、漕ぐタイミングに合わせて前後にパンティを動かすと直に割れ目からいやらしい汁が垂れてくるのです。
「うっ……んっ……あっ」
眉毛をゆがめながらも、直す事が出来ないパンティに悶々とする女性。

う〜ん、会社の昼休みに書くような内容ではないですね(笑

まぐりょの日記(別館)更新

久しぶりに別館を更新しました。
今回は変身ネタの「与一」です。
この作品は敬菜という若きOLに、彼女のワンルームマンションに転がり込んでいる大学生の与一が悪戯をして楽しむと言うお話。
与一は変身能力を持っていて、敬菜が会社に行く際にブラジャーに変身して彼女に身に着けさせます。そのまま女性専用車両で悪戯したり、会社ではブラウスやパンストに変身したりと、「物」に変身して女性に悪戯してみたいと言う私の欲求を満たすストーリーになっています(笑
実際にこういうことが出来たらすごいですねぇ。
逆に女性が物に変身して男性に悪戯するというのも考えられますが、私は男なのであまり興味がありません(^^;

パンストになりたいですねぇ(笑

パンストになって若くて綺麗なお姉さんの下半身に纏わりついていたいですねぇ(笑
黒いパンストが良いですよ。黒いパンストが!
タイトスカートやブーツカットジーンズの中に穿きこまれ、誰にも気づかれないように悪戯する。
柔らかいお尻や太もも。
足の裏をコチョコチョとこそばしたり、内腿を舐めるように動き、大事なところを刺激して――
やや――いや、かなり変態チックな感じですが、私はそういうのも大好きです(^^





ご注意!
当ブログは18才未満の方には相応しくない内容が含まれていますので、誤って訪れた方は即退場していただきますよう、よろしくお願いします。
創作物の著作権はTira(イラストは絵師さん)にありますので、無断転載は禁止です。
トップページのみリンクフリーです。
管理人:Tira

PDF作品


個人誌へGO!

欲望のままに DLsite.com直リンク

光る指先

欲望のままに

奪われた従姉の体
言語変換
翻訳ボランティアの募集

カウンター
since 2000.12.28
【旧Ts・TS】から




月別アーカイブ
頂いたイラスト
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • どうにもならない(ブログバージョン)その6
最新コメント
ちょこっとアンケート






















記事検索
タグ絞り込み検索
作品カテゴリ
バナー
バナー