ごめんねママッ!1_023
「オチンチンからお汁が出てるよ」
「だ…だって…。すごく気持ちいいんだ。出ちゃいそうだよ」
「ねえ幸喜君。このままパイズリでイキたい? それともフェラがいい?」
「うっ! ううっ!」
ごめんねママッ!1_024
「フ…フェラって?」
「お口でする事だよっ。ん〜、そうね…。前にエッチした時はしなかったけど―。あの後、幸喜君のために勉強したんだよっ。パイズリよりも気持ちいいんだって!」
「待ってよ早苗ちゃん。お口でって…。オチンチンを口に入れるなんて汚いよ」
「大丈夫よだ、幸喜君」
ごめんねママッ!1_025
「だってアタシ、幸喜君が大好きなんだもんっ」
「さ…早苗ちゃん…。ぼ…僕だって早苗ちゃんが大好きだよ。一番大好きだ。うんっ、絶対一番大好きだ!」
「じゃあ…ママの身体と弄りあいっこしよっ!」