最終話となります。

※日本語のテキストを追加しました(2016.12.30)
kasitene4_001
「早苗も私の身体を使って城岡君とセックスしたんでしょ」
「そ…それは…そうだけど…。耕太君は私の彼氏なんだよっ」
「早苗が勝手に私の身体を使うのが悪いの。これくらいのお仕置きはしないとね」
kasitene4_002
「じゃあ僕…。美咲さんとエッチしてたの?」
「そうよ…。ちょっと早苗に成りすましただけ。でも全然気づかないなんてね」
「……」
「早苗ってほんとに城岡君に愛されているの?」
「愛されてるもんっ! 私だって愛してるっ」
「まあいいわ…。元に戻るわよ。ちょっと試してみたい事があるから―」
「試してみたい事? 何それ?」
kasitene4_003
<ちょっ…。何してるの美咲姉ちゃん!>
<いいから早苗は黙って見てなさい!>
「うっ…ふっ。すごいわっ」
パン! パン! パン! パン!
「ダメだよ美咲姉ちゃん!」
「あっ…あっ…ああっ!」
「ねえ城岡君。私の身体―気持ちいいでしょ!」
「うふうっ! しゅご…い…」
kasitene4_004
「私の中っ。ヌルヌルして気持ちいいっ」
パン! パン! パン! パン!
はぁ、はぁ、はぁ…
「大丈夫耕太君っ」
「早苗ちゃ…ん。ぎ…ぎもぢいいっ」
「イキそうっ! んっ!」
パン! パン! パン! パン!
「ダメだよ美咲姉ちゃん!」
「む…無理っ!」
パン! パン! パン! パン!
kasitene4_005
「ああんっ!」
ビュッ! ビュッ! 
ビクッツ!
「あひぃ〜!」
kasitene4_006
「うふぅ〜」
「う…うそ…。美咲姉ちゃん―。自分の中に出しちゃったの?」
「あううぅ…」
「大丈夫よ。安全日だし。早苗も安全日だから城岡君とセックスするつもりだったんでしょ」
「それはそうだけど。酷いよ美咲姉ちゃんっ!」
「そんな事無いわよっ。城岡君も私の身体に満足してたみたいだし」
kasitene4_007
「そういう意味じゃなくて、私の彼なんだよっ。耕太君の身体まで使うなんてっ」
「折角だから試してみたかったのよ。早苗はまだ知らないと思うけど、私達ってね―。姉妹の間だけじゃなくてセックスした相手と身体を入れ替える事が出来るのよ。私はこれまで3人の男性と入れ替わった事があるわ―。もちろん勝手に身体を使われたくないから相手が眠っている時にコッソリ―」
kasitene4_008
「知らなかったでしょ! それとも、もう城岡君と入れ替わった事がある?」
「そんなの知らないし―。入れ替わりたいなんて思わないもん」
ビクッ!
「うはぁん!」
クチュ、クチュ
「ふふ…。でも彼は興味あるみたいよ。男の快感も結構いいわよ。愛する城岡君の身体で味わってみたくない?」
「あっ、あうっ」
「そ…そんな事急に言われても…。で…でも…」
kasitene4_009
びくっ
「うあっ!」
「どう? 早苗の身体は。城岡君はこうしていつも早苗を愛撫してるの?」
クリクリ…クニュ、クニュ
「み…美咲さんっ。すごく気持ちいいです」
「答えになってないじゃない」
kasitene4_010
「今頃、早苗も城岡君の家で楽しんでいるんじゃない? でもセックスしすぎてオチンチンが痛いから分からないわねっ」
「み…美咲さん…。僕…」
「ふふ…。今日だけ早苗の身体を楽しませてあげる」
「んっ、んっ。んふっ」
kasitene4_011
「んっ、んんっ。んんっ」
「もうっ。さっきから胸ばかり触って…」
むにっ、むにっ
「だ…だって…。大きくて柔らかくて―」
kasitene4_012
「城岡君っ。今度は舐め合おうよ」
「は…はい」
「私が妹の股間を舐め合うなんてね…。ちょっと想像出来なかったわ」
ペロ、ペロ、ペロ
びくっ!
「うひゃぁ〜!」
kasitene4_013
「なんて声出すのよ。城岡君もしっかり舐めて」
「だ…だって舐められたら僕―」
「早苗ちゃんのアソコが気持ちよすぎて」
「仕方ないわね。それならクンニでイカせてあげるわ」
「うああ〜っ!」
kasitene4_014
ペロッ、ペロッ、じゅる、じゅる
「あうっ。ぎ…ぎもぢいいっ」
「イっていいのよ。早苗の身体で」
「あうっ! イ…イキそっ…」
ビクッ! ビクッ!
「あああっ! うああっ!」
kasitene4_015
「ああ…。あはぁ…」
「うふふっ。お尻の穴までヒクヒクさせちゃって―。そんなに気持ち良かったんだ。じゃあ今度は女同士でしか出来ない事をしようよ」
にゅるっ、にゅるっ、にゅるっ
びくっ、びくっ
「あうっ、ああっ、あうっ」
「んっ! んんっ!」
ぞくっ
kasitene4_016
クニュ、クニュ、クニュ!
びくっ、びくっ、びくっ
「み…美咲しゃん。もうらめれすっ。またっ…イグッ!」
グチョ、グチョ、グチョ、グチョ!
ぞくっ!
「うっ! 私もっ!」
ブシュ、ブシュ、ブシュ
kasitene4_017
「イグッ! イグッ!」
「イッちゃう!」
ビクッ! ビクッ!
「ああああああっ!」
ブシュ、ブシュ!
kasitene4_018
ハァ、ハァ、ハァ…
「あはぁ…」
「はぁ〜」
ハァ、ハァ、ハァ―
kasitene4_019
「見て耕太君っ。早苗のココ…。私ってこんなにエッチだったんだよ」
「早苗ちゃんにこんな事を言わせるなんて。すごく興奮するよ」
クリッ!
びくっ
「ぐっ…。ダメだよ耕太君っ」
「そこをコリコリ擦っちゃ!」
コス、コス、コス…
びくっ、びくっ、びくっ!
「やだっ。早苗っ、イッちゃう!」
kasitene4_020
ビクッ! ビクッ!
「ふあああっ!」
びゅる、びゅる…
ハァ、ハァ、ハァ―
「ううっ…」
「もう何回イッたかな…。早苗ちゃんの身体―気持ちよすぎるよ。もう夜中の2時になっちゃった。あと1回だけオナニーして寝ようかな」
kasitene4_021
―翌朝―
<おはようございます>
ガチャ!
「あの…美咲さん。学校の制服着てみたんですけど。おかしくないですか?」
「ごめんね俊子。ごほっ…。大学行こうと思ってんだけど。うん…お願い…。明日は行くから。じゃあね!」
「ど…どうしたんですか?」
「風邪引いちゃったみたい。徹夜で疲れてたのに無理しちゃったからかな。ちゃんと制服着れてるじゃない。ゴホッ…。誰も城岡君だなんて思わないわね」
kasitene4_022
「スカートなんて穿いた事がないから変な感じです。とりあえず学校に行って僕の身体に戻ります。きっと早苗ちゃんも早く自分の身体に戻りたいと思うから」
「そうかもね。ねえ城岡君。今回の事は誰にも言わないでね」
「はい。絶対に内緒にします。でも…また入れ替わってみたいです」
「そうなんだ。女性の快感に目覚めちゃったかな?」
kasitene4_023
「早く風邪が治るといいですね。じゃあ行ってきます」
「あっ…。ちょっと待って城岡君―」
「はい?」
kasitene4_024
「あっ! 耕太君っ。こっちだよ耕太君!」
kasitene4_025
「どうだった? 僕の身体―」
「それはまた後で話すから―。先に私の身体に戻りたいの。男の子の身体で学校にいるなんて恥ずかしいよ」
「僕も同じだよ早苗ちゃん。身体を入れ替えて!」
「うんっ」
kasitene4_026
「よかった…。早く耕太君が来ないかなってドキドキしてたの」
「そうなんだ」
「早苗ちゃん、遅くなってごめんね。一緒に学校に行こうよっ」
「うん」
「どうしたの耕太君?」
「何でもないよ早苗ちゃん! 今日の給食が楽しみだねっ」
「ええ〜っ。でも耕太君の嫌いな野菜炒めだよ」
kasitene4_027
<そ…そっか…。野菜炒めだった…かな>
<私がちょっとだけ食べてあげるねっ!>
ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ―
「うっ。ごほっ、ごほっ、うっ、ううっ」
kasitene4_028
くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ―
「ごほっ、ほごっ、んっ、んっ」
グチャ、グチャ、グチャ、グチャ!
「あっ、ごほっ、また来るっ」
「んんっ!」
ビクッ! ビクッ!
kasitene4_029
「ごほっ、うっ…。ごほっ、ごほっ、うう…。ごほっ、ごほっ」
ハァ、ハァ、ハァ―
「はぁ…ごほっ」
「んん…。はぁ…はぁ…」

―おしまい―