早苗の家でイチャイチャしようと思っていた耕太君の前に、早苗の姉、美咲が帰って来て―。
今のところはOD(女の子同士)の漫画になります。

※日本語のテキストを追加しました(2016.12.30)
kasitene1_001
「耕太君。私の部屋に行こうよ」
「うん。今日は夕方まで誰もいないんでしょ」
「そうだよ」
「じゃあ早苗ちゃんといっぱいエッチ出来るね」
「僕―我慢できないよ」
「うん…。耕太君大好き―」

カチャ

「ただいま―」
kasitene1_002
ドキッ!
「あっ…」
「みっ、美咲姉ちゃん! どうしてっ?」
「どうしてって徹夜で卒研してて―。一段落したから帰ってきたんだけど」
「そ…そうなんだ。てっきり今日も遅いと思ってた」
「私…疲れたからシャワー浴びて暫く寝るわ。君って確か城岡君だったっけ? 悪いけど静かに遊んでね。それから―」
kasitene1_003
「早苗はまだ子供なんだから子供らしくしないとね」
「わ…分かってるよ美咲姉ちゃん」
「大きくなったらいくらでも出来るんだから自分を大切にしなさい」
「だ…だから…」
「……」
ぼよんっ!
kasitene1_004
「わ…私はもう子供じゃないよ。美咲姉ちゃんみたいに身体は大きくないけど―。ねえ耕太君っ」
「う…うん…」
「耕太君?」
「……」
たぷんっ
「……」
「……」
kasitene1_005
とりあえず私は寝るから―。静かに遊んでね」
「…うん。分かったよ美咲姉ちゃん」
「もうっ! 美咲姉ちゃんの胸ばっかり見てっ」
「あ…いや…」
「見てたでしょ!」
「そ…それは…その…」
「私だってあと何年かしたら大きくなるんだから。美咲姉ちゃんの胸が大きすぎるのよっ」
kasitene1_006
「ねえ耕太君っ! やっぱり耕太君も大きい胸が好きなんだっ」
「うう…。ちょっと待ってよ」
「それは…大きい胸は嫌いじゃないけど」
「はっきり言って!」
「だ…だから…好き…だけど」
「ふ〜ん…。そうなんだ」
「私の胸も早く美咲姉ちゃんみたいに大きくなればいいのにな…」
「あの…ごめんね早苗ちゃん。僕は早苗ちゃんの胸も大好きだよ」
kasitene1_007
「気を使ってくれなくてもいいよ。男の人は大きい胸の女性が好きなのは知ってるし―」
「ごめんね…僕さ―前からちょっと気になってて―。美咲さんみたいに大きな胸の女性を見た事が無いから…。つい見とれちゃって―」
「そうだっ! そんなに美咲姉ちゃんの胸が気になるなら見せてあげるよっか? 美咲姉ちゃん―シャワーを浴びて寝るって言ってたから」
kasitene1_008
「ええっ! そんなのダメだよっ。寝ている間に勝手に見るなtんて…。それに起きたらすごく怒られるよ」
「大丈夫だよ!」
「私達姉妹にはちょっとした秘密があるの。久しぶりに試してみようかな?」
「秘密? 何なのそれ…」
「美咲姉ちゃんの部屋で教えてあげる。でも絶対に誰にも言わないでねっ」
kasitene1_009
―1時間後―
「美咲姉ちゃん―。ぐっすり眠ってる」
「そうみたいだけど…。勝手に部屋に入ったら怒られるよ」
「大丈夫だよ。耕太君はここで待ってて」
「う…うん…」
「何が起きても絶対に声を出さないでねっ。美咲姉ちゃんが起きちゃうから」
「わ…分かったよ」
kasitene1_010
<これだけ寝てたら大丈夫かな?>
<シーッ!>
コクン…
kasitene1_011
ピクピク…
kasitene1_012
「……」
「う…。あ…あの…」
「あ…あの…あの…。ぼ…僕…ご…ごめんなさい…」
ニヤ…
kasitene1_013
「大丈夫だよ耕太君っ。私…早苗なの。ビックリした?」
「えっ…。さ…早苗…ちゃん?」
「そうだよっ。美咲姉ちゃんと身体を入れ替えたの。だから私の身体に美咲姉ちゃんの精神が入ってるの」
「これが私達姉妹の秘密―。パパもママも知らないの」
kasitene1_014
「ほ…ほんとに? 信じられないよ…。だって体が入れ替わるなんて事…」
「じゃあ信じさせてあげる!」
「んっ!」
「んっ…。んうう…」
「んふ…んん…」
kasitene1_015
「んっ…んくっ…んっ」
「耕太君…口を開けて―」
「あはぁ…。あふっ」
「んっ、んっ…」
「んっ…んっ」
kasitene1_016
「美咲姉ちゃんが耕太君にこんな事すると思う?」
「あ…あぁ…。すごい…ほんとに…早苗ちゃんなんだ」
「今―美咲姉ちゃんの身体は私のモノなの」
「あうっ!」
「ダメだよっ。大きな声出しちゃ!」
「今日はこの身体で耕太君の好きな事をさせてあげるよっ」
「この大きな胸が好きなんでしょ!」
グイッツ!
「私が美咲姉ちゃんの代わりにいっぱい触らせてあげる」
kasitene1_017
「ごめんね美咲姉ちゃん―。久しぶりに身体を借りるね」
「私の身体でゆっくり休んでて! ママが帰って来るまでには返すからねっ」

つづく―