「本人はどっち? その1」のセリフ部分の英訳です。
台詞を標準語に直し、翻訳サイトで確認しながら、ほぼ同じ内容になるように調整しました。
これには相当の時間と労力を費やしますので、今回だけです。
日本語をきちんと英語に翻訳できるように調整する作業はめっちゃしんどいです。
私は日本語しか分からないので申し訳ないのですが、他の外国語への変換は個人でよろしくお願いします(^^;
Page1
「どう思う? Takumaは俺がShimanamiさんに化けているって分かるかな?」
What do you think? Does Takuma understand that I disguise myself as Shimanami?"

「分かってくれないと悲しいよ」
"I am sad when I do not understand it"

「そうだな。彼は親友と、彼の大事な彼女の区別は出来ると思う」
"Well.I think that he can distinguish the important girlfriend of close friend and him"

Page2
「ふぅ…。顔の位置も合った。良く見えます」
"Yes … .The position of the face was correct, too.I look good"

「うっ!」
"Ugh!"

「う〜ん! 身体にフィットして良い感じです。背中も綺麗に閉じました」
"Mmm!
It is the feeling that fits a body, and is good.I closed the back neatly"

「私達が所属する【工作クラブ】が、この皮スーツを開発しました。先生が、皮スーツはよく出来ていると褒めてくれました」
"[work club] where we belonged to developed this skin suit.When the skin suit was well-done, a teacher praised it"

Page3
「しかし、女に化けるのは少し恥ずかしい。スリーサイズも全く同じだ。この皮スーツを着ると、彼女の記憶まで得られるのです」
"However, I am slightly ashamed that I disguise myself as a woman.The three sizes are identical, too. I am provided until her memory when I wear this skin suit"

「ねえ杉田君。必要な記憶だけ見て下さい。私だって恥ずかしいのです。最初に約束したでしょ」
"I can sleep am Sugita.Please see only necessary memory.Even I am ashamed.I promised first"

「分かっています。もうすぐTakumaがここに来ます。彼は、目の前に二人の彼女が現れたら驚くでしょうね!」
"I understand it.Takuma comes here soon.If two of them appears in front, he will be surprised!"

「私は、Takumaが本当に愛してくれているのかを確かめたい。先程、話した件もあるし。もし彼が間違えて杉田君を選んだら、私は彼と別れます!」
"I want to check whether Takuma really loves me.There is the matter that I talked about some time ago and.I part from him if he chooses Sugita by mistake!"

Page4
――きっと、Takumaに限って浮気なんてしませんよ。俺も、この皮スーツの性能を色々と確認したいから、Shimanamiさんに協力するよ――
―― Surely it is not said that only Takuma is fickle.Because I want to confirm the performance of this skin suit in various ways, I cooperate with Shimanami ――

「校門で待ち合わせて帰ろうって言ったのに、急に体育館の倉庫に呼び出された」
Though "I said that I met at a school gate and would return, I was called suddenly by the warehouse of the gymnasium"

「何かありましたかYukie。こんな場所に呼び出して!」
"It is Yukie whether there was anything.Call it to such a place!"

Page5
「ゲッ!」
"Oh!"

「私はTakumaを待っていましたよ!」
"I waited for Takuma!"

「ごめんね。こんな場所に呼び出して」
"I'm sorry and calls it in such a place"

「何故ですか! Yukieが2人いる…」
"Why is it? There is Yukie two … "

Page6
「私がShimanamiYukieだよ。分かるよね!」
"I am ShimanamiYukie.I understand it!"

「それは違います。私がShimanamiYukieです。私はTakumaの彼女だから、あなたは分かるよね!」
"It is wrong.I am ShimanamiYukie.You know it because I am her of Takuma!"

「ちょっと待って下さい。二人は、外見も喋り方も全く同じです。どうして二人いるのですか」
"Please wait a minute.Two people are both appearance and talking one-identical.Why are there two people?"

「あなたは、どうして私達が二人いるのか、教えて欲しいですか?」
"Do you want you to tell me why there are two of us?"

「それではあなたに教えましょう!」
"Then let's tell you!"

Page7
「私達のどちらかは、Takumaの友達の杉田君です。杉田君は、【工作クラブ】が作った皮スーツを着て、私とそっくりに化けています」
"Either us is Sugita of the friend of Takuma.Sugita disguises himself/herself exactly like me in the skin suit which [work club] made"

「私とあなたは、付き合ってもう半年です。あなたは、彼女と男友達の区別がつきますよね」
"You go out with me and are already a half year.You can tell the difference between her and the boyfriend"

「杉田があなたに化けている? ItsukiがYukieに変身しているのですか? 彼は面白いアイテムを作ったって言っていましたが。まさか…」
"Does Sugita disguise himself/herself as you? Does Itsuki transform itself into Yukie? I said that he made an interesting item, but.Possibly … "

「そうさTakuma。俺がそのスーツを着たんだ。そっくりだろ!」
"Yes, Takuma.I wore the suit.Entirely!"

「すごいでしょ! 身体も声もすべて彼女と同じになるんだ!」
"Great! All the voices agree with the body with her, too!"


Page8
「Itsukiやめなさい。あなたはどうしてその様な事するのですか? あなたは、Yukieが私の彼女だと知っていて、なぜそんな事してるのか?」
"Leave Itsuki.Why do you do such a thing? You know that Yukie is my girlfriend, and why do you do such a thing?"

「勘違いしないで下さい。杉田君に頼んだのは私です。私が彼に協力してもらいました」
"Please do not misunderstand it.It is me to have asked Sugita.I had him cooperate"

「Takumaが私の事をどのくらい愛してくれているかを確かめるために!」
"To check how long Takuma loves me!"

「Yukieが? でもどうして…」
"Yukie? But why is it? … "

「私はこの前見ました。私はC組のShizumotoと楽しそうに話しながら歩いているTakumaを見ました」
"I saw it last time.I saw Shizumoto of the Class C and Takuma which I walked while talking happily"

「Takumaはとても喜んでいました」
"I was pleased with Takuma very much"

Page9
「私はTakumaの気持ちが分からなくなった。Takumaは私の事が嫌いになりました?」
"I lost a feeling of Takuma.I disliked Takuma"

「あなたはShizumotoが好きですか? それなら私はTakumaと別れて他の人と付き合います」
"Do you like Shizumoto? Then I part from Takuma and go out with other people"

「待ってくれよ! 俺は別にShizumotoの事は好きじゃない! 彼女とはYukieの話をしていただけです」
"Wait! I do not like Shizumoto particularly! Yukie only talked with her"


Page10
「私には分かりません。私は本当のTakumaの気持ちが知りたい」
"I do not know it.I want to know a feeling of true Takuma"

「私をどれくらい愛してくれているのか―。私の容姿が好きなの? それとも私自身が好きなの?」
"One or - which loves me how long.Do you like my figure? Or myself liking it"

「それでどちらが本物のYukieか選べと言うのか。でも、どう見てもそっくりで、選ぶのが難しいです」
"Do you tell me to choose which is genuine Yukie in it? But by all odds it looks just like it, and it is difficult to choose you"

「もちろん、質問してもいいです。私達は、Takumaの質問に答えるよ。相手に聞こえない様に」
"Of course you may ask you a question.We answer a question of Takuma.So that a partner does not hear it"

「この半年で私の事をたくさん分かってくれましたね。質問にはすべて答えるけど、杉田君にも私とTakumaの事は話しています。杉田君は、大体の事は知っています。もし私じゃなくて杉田君を選んだら、本当にTakumaと別れます!」
"I understood me a lot in this a half year.Though I answer all for a question, I tell Takuma to Sugita with me.Sugita knows the rough thing.I really part from Takuma if it is not me and chooses Sugita!"


Page11
「なんだ。それなら簡単だ! 何を質問してもいいんだろ! Itsukiは、私達について知らない事が沢山あります!」
"What is it? Then it is easy! You may ask about what! Itsuki has a lot of not knowing us!"

「じゃあ始めましょ!」
"Then let's begin it!"

「何を質問しますか?」
"What do you ask about?"

「まず…最初にデートをした場所は?」
"At first … The place that dated first"

「そんなの簡単すぎる」
"It is too easy"


Page12
「寺野公園よ」
"Terano Park"

「寺野公園でしょ」
"It is Terano Park"

「次は?」
"The next"

「じゃあもっと大胆に…。あなたの胸と腰とお尻のサイズは?」
"Then in more boldness … .The size of your chest and waist and buttocks"

「それを聞きますか…」
"Do you hear it? … "

「86…58…87…」
"86 … 58 … 87 … "

「86…58…87…」
"86 … 58 … 87 … "


Page13
「そんな事までItsukiに言ってるのか? じゃあセックスを初めてした場所は?」
"Do you say to Itsuki to such a thing? Then the place that did sexual intercourse for the first time"

「Takumaのエッチ! 校舎の屋上よ…」
"H of Takuma! The roof of the school building … "

「今まで俺と何回セックスした?」
"I had sex with me how many times so far"

「もう…。4回よ…」
" Already … .Four times … "

「じゃあYukieはフェラチオをしてくれた?」
"Then Yukie did a fellatio"

「……」
「……」
「……」


「しました! 変な事聞かないで」
"I did it! Do not hear a strange thing"

「そんな事…。杉田君の前で絶対に答えたくありません!」
"Such a thing … .I want to never answer in front of Sugita!"


Page14
「う〜ん…」
"Mmm … "

「こっちが本物のYukieだ」
"This is genuine Yukie"

「えっ!」
"What!"

「あなたは何故そう思ったの?」
"You thought so why"

「Yukieは確かにフェラチオをしてくれた。俺が何度もお願いして1回だけしてくれました。でも、彼女はとても恥ずかしがっていたので、言わないと思っていました」
"Yukie surely did a fellatio.I asked many times and did only once.But I thought that I did not say because she was shy very much"


Page15
「そうですよね?」
"It is so"

「はい…。恥ずかしいです…。自分からあんな事をするなんて…。私が一番答えたくない質問です」
"Yes … .Ashamed … .To do something like that from oneself … .It is the question that I want to least answer"

「そうですか。答えすぎるというのも良くありませんでした。それでは私の役目は終わりですね! もっと騙せると思ってたんだけど案外簡単に発見されました」
"Is it so? It was not good to answer too much.Then my duty is over! Though I thought that I could deceive you more, I was easily discovered unexpectedly"

「…うん! 杉田君ありがとう」
… Yes! Thank you, Sugita"

「でも…。本当にItsukiなのか?」
"But … .Is it really Itsuki?"