ようやく完結しました。
ダークな展開ですので、その様な内容がお好きな方のみ閲覧ください。
※画像の下に台詞のテキストを追加しました。
buntama5_001
「ダ…ダメよっ。射れないでっ! 私はまだ男性との経験ないのっ」
「ええ? 未体験? そんな事無いわっ。私はもう経験済みよ!」
「そんな筈無いっ!」
「うっ…ふ…。やぁ…」
「うう…入って来る。俺のチンポが…」
buntama5_002
「ああんっ!」
「ああっ! 深っ!」
「あっ、んっ。動かないでっ」
「んっ…。動かないでっ…。自分から腰振ってるじゃない」
buntama5_003
「や…やだっ。すごく気持ちいい。私があんなにいやらしい表情をしているなんて…」
「んうっ! いいのっ」
「や…やめてっ。そんな顔するの」
「だってあなたが突くからっ。いやなら腰を止めてくれない?」
「ぃやあっ! んんっ! 酷いっ。わ…わざと腰を動かしてっ…」
「あっ、あっ、イイッ!」
buntama5_004
「あっ、あっ、あんっ。うぐっ! あっ、あっ」
「だめっ! 動かないでっ。動かないで!」
buntama5_005
「あっ、あんっ、あんっ、すげぇっ!」
「お願いっ。もう腰を止めてっ。何か出てきちゃう」
「気持ちいいでしょ。自分のオマンコは!」
「女なのに男の快感を味わえるなんてすごいと思わない?」
「しかも相手は自分の身体なんだから――」
buntama5_006
「んふっ!」
「んんっ…」
「や…やだっ。自分とキスなんて…」
「んっ、んくっ…」
「し…舌がっ。勝手に口の中にっ」
「また腰がっ!」
「じゃあ仕上げにしましょ!」
「やだっ。何か来ちゃう!」
buntama5_007
「だめぇ〜っ!」
「ああっ! イクッツ!」
buntama5_008
ビュッ! ビュッ!
「イ…イッ…男の身体で…」
「うひっ」
「あはぁ〜。妹のセックスをおかずにイッちゃった」
buntama5_009
「すげぇ出したなっ。そんなに自分のマンコが気持ちよかったのか?」
「し…知らないわよっ! あなた達が勝手に身体を操ってやったんじゃないっ」
「フフッ。そうよっ。ぜ〜んぶ俺がやってる事さ」
「じゃあ今度は姉のマンコで男の射精を楽しもうか。この肉体もチンポを欲しがって仕方ないんだ」
buntama5_010
「だってさ!」
「まだイケるでしょ? 私のオマンコで気持ちよくしてあげるからね」
「もうやめてよっ。こんな事したくないのっ」
「そんな事無いと思うけどな〜」
buntama5_011
「自分で見てみなさいよ。ほら…出した後なのにこんなに勃起してるじゃない」
「本当は姉の私としたいんでしょ?」
「ち…違うわっ! それにあなたは有里子姉ちゃんじゃないっ!」
「酷いわねっ。自分の姉を姉じゃないなんて」
「そんな妹には気持ちいいお仕置きをしてあげなきゃね!」
「あはぁ!」
buntama5_012
「い…いやっ。お願いだからこれ以上は…」
「あっ、ああ…」
「んっ、んっ、んっ」
「ああっ! やめてっ」
「んっ、んっ、んっ…」
「美味しそうに食べちゃって!」
buntama5_013
ぐぽっ、ぐぽっ、ぐぶっ!
buntama5_014
「有里子姉ちゃんエロ過ぎっ。またしたくなっちゃうじゃない」
「だ…だめっ。また出ちゃうっ」
「だ〜め! 出すなら私のオマンコよ!」
「姉に夫以外の男の子供を作らせない様に我慢しなくちゃね!」
「行くわよっ。もし私が先にイッたら抜いてあげるからね!」
buntama5_015
「冗談はやめてっ! 有里子姉ちゃんに他人の子供を作らせるなんて」
「だから自分が我慢すればいいだけだろ!」
「そういう事よ! まだか妹が姉に他人の子供を産ませるわけがないわよねっ!」
「だ…だから入れちゃだめっ!」
buntama5_016
「い…いや…。抜いて…」
「ああっ!」
「うふふ…。根元まで入ったわ。何度もイッてるのにタフなオチンチンね!」
buntama5_017
「ほらっ。こうして押すと膣にオチンチンが押されるでしょ。姉のオマンコが夫以外のオチンチンに満たされているのよ」
「お…お願いします。抜いて下さいっ。有里子姉ちゃんにこんな事をしたくないのっ。私の身体なら…好きにしていいから…」
「…なあ。何かテンション下がってきたな」
「まあな…。じゃあそろそろ終わりにするか」
「うっ、イイッ!」
buntama5_018
「じゃあ俺はその口を借りるぞ!」
「舌で気持ちよくさせてくれよな!」
「へへっ! トロトロオマンコを召し上がれ!」
「この状況で我慢できるかしら?」
「なあっ。クリトリスも弄ってくれよ」
「うぷっ!」
buntama5_019
「ああっ! すげっ…もっとしてくれっ!」
「あっ! ああっ!」
「硬いっ! マンコがゴリゴリ擦られるっ」
「手が勝手に私のアソコを弄って…。有里子姉ちゃんの中がすごくヌルヌルして…」
「うっ! イキそっ!」
「お…俺もっ!」
buntama5_020
「ああっ! イクッ!」
「もうだめっ!」
「うあっ! 俺もっ!」
「うああああっ!」
buntama5_021
「い…いや…。わ…私…有里子姉ちゃんの中に…。知らない男の精子を出しちゃった…」
「大量に出したわねっ。姉に射精するなんて信じられないわ。優っ、もしも子供が出来たら責任取ってね!」
「ごめん…有里子姉ちゃん…」
buntama5_022
「ひっ! 有里子姉ちゃんっ! 私っ…」
「……えっ?」
「ど…どうして? 私…知らない男に有里子姉ちゃんと…」
buntama5_023
「ここ…駅の地下よね…。私がいた場所…」
「今の…全部夢…だったの?」
「今日は存分に楽しんだな。流石に打ち止めだよ。でも…魂を3つに分けて楽しめるなんて新たな発見だったな」
buntama5_024
「しかも姉妹でレズるなんてなぁ。さて…優の身体は開放してやったけど、ゆる子は気に入ったから…」
「もうちょっと楽しませてもらおうか!」
「ただいま有里子。今日は早く帰れたよ。いやぁ…疲れたなぁ」
「そう…」
buntama5_025
「じゃあその疲れをこのエロ〜い身体で癒してあげるわ」
「今日は特別にアナルを使わせてあげるねっ。私のだ〜い好きな秋吉ちゃん!」
おしまい