お姉ちゃんの体を勝手に使わないで!
「足川先輩っ。足川先輩なんでしょ」
「あら、吉山さんの妹じゃない」
「お姉ちゃんの体を乗っ取らないでください!」
「いいじゃない。吉山さんの容姿じゃないと角田君は相手をしてくれないから。仕方なく借りているのよ」
「そんなの身勝手ですっ。お姉ちゃんは角田先輩と付き合いたいなんて思っていないんです。だから足川先輩、お姉ちゃんの体から離れてくださいっ」
「だ〜め。私は角田君が好きなの。吉山さんに成りすましていれば、角田君は私をとても可愛がってくれるの。容姿でこんなに変わるんだから、不思議よねぇ」
「ひどいですよ。お姉ちゃんが可哀想……」
「そうでも無いかもよ。だってこの体、角田君に抱かれるとすごく感じるのよ」
「えっ……。そ、そんな。お、お姉ちゃんの体でそんな事まで……」
「だって角田君が求めてくるんだもの。私が拒むわけ無いでしょ」
「ひどいっ!そんなのひどすぎますっ。お姉ちゃんには他に好きな人がいるのにっ」
「大丈夫。吉山さんの体で角田君と付き合っている事は誰もいないから。でも、あなたが邪魔ばかりするようなら皆に話そうかな。吉山さんのフリをしてね」
「そんな……」
「じゃあね!また後で返してあげるから」


……同じ部活の女子の先輩に姉の体を使われ、好きでもない男子とセックスさせられているという感じです。
こういうのも好きですねえ。