「きゃあっ!ああっ、いやぁ……」
「香奈っ!香奈っ」

 勉はいきなり香奈に抱きつくと、貪る様にして香奈の身体を舐めまわし、そして両手を使って胸や股間を刺激した。中途半端に抵抗する香奈。勉は美穂の柔らかい胸を香奈の身体に擦りつけながら無我夢中で香奈を愛撫する。美穂の舌を感じている香奈の身体は震えているようだった。

「はぁ、はぁ……舐め合いっこしようよ」

 美穂の甘い声で香奈を誘うと、体勢を変えて香奈の股間に顔をうずめた。そして美穂の股間を香奈の顔に無理矢理擦りつける。

「んあっ。あ、んは……あああ〜」

 両手で香奈の茂みの中にあるワレメを開き、更にその中にある小さなつぼみを舌で刺激する。

「あ、やぁ〜。美穂……だめよ……あっ、くぅ」

 舌の動きにビクビクッと身体を震わせた香奈は、声を裏返しながら喘いだ。

「んん……ねえ香奈、早く舐めてよ、私の……ううん、美穂のココを」

 勉は香奈の顔に、美穂の茂みを擦りつけた。

「ん……美穂……」

 香奈は美穂の茂みを見つめると、勉と同じように両手の指で左右に開き、目の前に見えたピンク色のつぼみをペロペロと舐め始めた。

「うわあっ!ひいっ……ああっ……あうっ……」

香奈の舌で刺激された美穂のつぼみから、男の勉には理解出来ない快感が伝わってくる。 先ほどホテルで触った時とは全然違う気持ちよさが、身体全体を包み込んでいるようだった。たまらず香奈のつぼみから舌を離してしまった勉。

「うああ……す、すごい……これ……すごすぎる……ああっ」

香奈の太ももを両腕で抱きかかえるようにして、その快感に耐える。美穂の身体がこれほど気持ちいいなんて……舌で刺激される事がこんなに気持ちいいなんて……。

快感に身体をよじりながらも、またゆっくりと香奈のつぼみを舐め始めた。
 甘酸っぱい香奈の透明な液に埋れながら、男の意識で女の性を堪能する。

「ううっ。あ……はぁ、はぁ……ねえ香奈、最後はやっぱりこれをしようよ……」

 勉は香奈の顔から股間を上げると、また体勢を変えてお互いの足を絡ませた。そして股間同士を密着させると、
「ねえ香奈、動いてよ」と囁いた。
 香奈が何も言わないまま、ゆっくりと腰を動かし始める。香奈の股間が美穂の股間に擦れ始めると、二人の透明な液が潤滑剤となってとろける様な快感を生み出すのだ。

「んああっ。ああ……あああ〜。あ……んっ……んっ」

 お互いの小さなつぼみが擦れた。

「ああっ!あ……うああ……」
「んっ、はんっ……あっ」

 香奈の口からも、可愛い喘ぎ声を漏れた。気持ちよさにどうすることも出来ない勉は、自ら腰を動かし始めた。ぎこちない動きによって、股間が不規則に擦り合わさると、互いの身体にこの上ない極上の快感が生まれるのだ。

「はあっ、あ……み、美穂っ……美穂っ……」

 香奈はたまらず叫んだ。その喘ぎ声に勉は、「あうっ!あうっ、はああっ……」と、喘ぎ声で答える事しか出来ない。
 額に汗を浮かべながら、二人は理性を失ったかのように腰を動かしていた。いやらしい音を立てる二人の股間。今にも壊れてしまうのではないかと思えるほどの快感が勉を襲っていた。

「うあっ……はあ。あっ、あっ……だ、だめだっ……」

 美穂の声で喘ぐ勉。自然と震えるその身体。
 十七歳の若い身体が、勉に女性の絶頂を知らしめようとしている。香奈も初めてのレズプレイに、しかもアイドルとしてペアを組んでいる美穂としているという事に興奮を覚え、勉と同じく絶頂を迎えようとしていた。

「美穂っ!美穂っ……ああんっ、あんっあっあ」
「うぐっ……ああっ。あうっ、あうっ……あ、ああ、ああっ」

 ソファーから落ちそうになりながらもしっかりと手でしがみつき、必死に腰を振る二人。

「あっ!だめっ……美穂っ、私っ……イッちゃう。あっあっあああ!」
「はあっ、あう、あう、ああ、ああ、あああああ!」

激しいプレイの末、二人は同時に絶頂に達した。身体を大きく仰け反らせ、ソファーに沈む。

「はっ……あ……ああ……あ……あくっ……」

 勉は美穂の身体から受け取った女性の快感に頭の中が真っ白になった。そして息が苦しくなり、呼吸困難に陥ってしまったのだ。

「うあっはぁ、はぁ……は……は……あぁ……」

 次第に薄れてゆく意識。目の前には何も見えなくなり、苦しかった気持ちがスッと楽になっていった――。