Ts・TS

主にTSFを取り扱った創作物と、
個人的な日記を掲載しています。
掲載している作品は
フィクションです。
実在の人物や団体などとは
関係ありません。

2009年11月

ライブドア拍手の返信と余談

2009.11.24 00:30 名無しさん 超SS(その10−2)
>GJGJ!!
GJ頂き、ありがとうございます。
また執筆、頑張ります〜。

2009.11.23 23:01 名無しさん 超SS(その10−2)
>最高っす!
どうもありがとうございます。
楽しんでいただける作品が書けたらいいなぁと思いますよ。


余談ですが、こういう感じのゲームがしてみたいものですね。
勢ぞろい1
自分の好きな女性を用意し、好き勝手に乗り移って遊んじゃうようなw
皆、生身の人間ですからずっとこの状態で部屋に置いておくわけにはいかないでしょうね(^^
毎日、順番に色々な女性の体を使って楽しんでみたいものです。

超SS(その10−2)

 彼が戻ってから十分程、経っただろうか。ノックもなく玄関の扉が開くと、桃子が我が家の様に遠慮なく入ってきた。何も言わずにキッチンにある小さな冷蔵庫を開き、炭酸ジュースを勢いよく飲んでいる。

「喉が渇いていたのか?」
「ああ、早朝からずっと動いていたからな。ビールを買っておくんだった」
「その体じゃ、すぐに酔いが回るんじゃないのか?」
「いや、そんな事はない。華奢に見えても、アルコールには結構強い方さ。俺よりも強いかもな」
「へぇ〜、そうは見えないな。俺も結構強いのに」
「酒の強さなんて、見かけに寄らない事くらい分かってるだろ」
「……まあな」

 袖で口を拭いた桃子は小さなソファーに座っている悦二の前に立つと、園児と接するような彼女らしい微笑みを見せた。
続きを読む

超SS(その10−1)

 悦二が住んでいるワンルームマンションから、通勤で使う駅へと向かう道沿いにある幼稚園。彼はいつも園で遊ぶ子供達と共にいる、一人の若い女性を見ながら歩いていた。歳は二十代前半くらいだろうか。オレンジ色のエプロンをしていて、茶色の髪を同じオレンジのリボンで括っている。今年の四月から務め始めたようで、子供達との接し方に初々しさを感じる。
 彼は彼女を一目見たときから好意を抱いていた。好意というよりも、単刀直入に言えば彼女とセックスがしたいと思っていた。別に付き合って結婚したいという願望を持っているわけではない。
 欲望がむき出しの彼は、その望みを叶える手段を持っていた。彼女が嫌がることなく、素直にセックスを行える方法。しかし、実現するためには彼女と接触する必要がある。普段はなかなか近づく事が出来ないのだが、来週の日曜日に運動会をするらしく、悦二は期待に胸を膨らませていた。

続きを読む

ライブドア拍手の返信などいろいろ……

2009.11.21 00:07 冬眠さん 超SS(その8−4)
>Tiraさん、こんばんわ! あー! Tiraさんまた新しい女の子に憑依してるー!! タオルを巻いてる女の子も可愛いですね! 前の体育着の女の子はどうなっちゃったんでしょうか!? ・・・もみもみもみもみもみもみもみもみもみもみ

冬眠さん、こんばんば。
今回は可愛い女の子に憑依してみました。
結構胸も大きいんですよ。揉んでもらうと更に大きくなりますし、「あんっ」と可愛い喘ぎ声も出そうです。
体操着の女の子は体を返しました。
今までの記憶が無いので戸惑っているのではないかと思います(^^

2009.11.20 00:36 名無しさん FC2拍手を復活しました
>復活待っていました〜!!
ふ、復活〜っ!
い、いえ。復活はしていないのでございます。
でも、問題のない範囲で掲載できるように、「部分変身・憑依」カテゴリーは追加します。
その時をお待ちくださいませ〜。


さて、先週は少々風邪をひいておりまして、毎日九時〜九時半くらいに寝るという、規則正しい生活を送っておりましたが、薬を飲んでいるおかげで随分と良くなってきました。
ご飯をたくさん食べているので体重が非常にヤバイ状態になっておりますが、まあ仕方がないということで(^^

創作活動も殆ど停滞しておりますが、ちょっとだけ「終わりのない夢」に参加しました。
以前、Skinnerさん運営するリレー小説サイト「ブランチタイム」があったのですが、閉鎖になりました。
その後、当ブログの掲示板に雛形作成のコメントをいただき、数名の方が参加されています。
終わりのない夢」
荒れたら削除という事なので表立って告知はしなかったのですが、小説を書きたいけれども自分一人では書けないという方もいらっしゃると思いますので、気軽に書き込める場としてご紹介します。
元々、皮物がメインのリレー小説だったと思いますが、色々なジャンルで書込みがあればいいなあと思っています。
私も皮物をメインに書きたいところです。
ご興味のある方は、気軽に書き込んでくださいね!

ドラえもんのアイテムで、魂吹き込み銃というものがありましたが、それに関連したSSを執筆したいと思っています。
すでに挿絵は作っていますので、早めに掲載できたらいいなぁと思っています。
自分の魂の半分を相手の体に送り込む事で、その体を自由に操る事が出来る。
自分の意志で体を動かしているので、MCとはまた違った感じですね。
今回は保育士のお姉さんの体をゲットしたいと思います。
雰囲気はecvtさんの「魂を吹き込もう!」に似ているでしょうか。
超SSその9も執筆を開始しましたが、五分で挫折(苦笑
早めに終わらせたいものです。

超SS(その8−4)

 彼女が足を開いて股間を見せつけている。僕は、その様子を姿見を通して眺めた。果歩ちゃんの手が股間に近づき、薄っすらと生えた陰毛の下に触れる。彼女自身の手を使い、愛液で濡れた陰唇を左右に開くと、まだ汚れていないサーモンピンクの性器が現れた。
 僕はゴクンと喉を鳴らし、更に広げて中の様子をまじまじと見つめた。

続きを読む

ライブドア拍手の返信と日記

2009.11.10 06:53 名無しさん なかなか更新できませんが。。。
>物に変身、憑依ものがみたいです

コメントありがとうございます。
そうですね。
最近はモノへの変身(憑依)やOD作品を書いていないので、また書きたいなぁとは思うのですが、なかなか進まずに〜(^^
とりあえず、今執筆中の作品を仕上げたいなぁと思います。


今日は小学校で音楽会がありました。
インフルエンザが流行っていたので延期の可能性もありましがた、無事に行えて良かったです。
練習の時間があまり取れなかったかも知れませんが、どの学年も上手でしたよ。
去年までは幼稚園と小学校の二つに参加しなければならなかったのですが、今年から小学校だけなのでちょっと楽でした(^^
昼ご飯はちょっと贅沢にお寿司を食べました……といっても、鉄火巻きや巻き寿司ですけどw
今年もあと1ヵ月半。
親が参加する行事はこれで終わりでしょうか。
一年があっという間に過ぎてゆきます。

なかなか更新できませんが。。。

久しぶりに超SS8の続きを書きました。
最近は気力の低下と色々とやる事がありまして、なかなか作品を更新できないでっす。
体重は60キロ〜59キロをウロウロ。
ちょっと食べ過ぎています。

そういえば、ライブドアブログはアクセス解析が出来るようになっているのですが、10月はPCよりもモバイルからのアクセス数の方が多かったです。
更新が多いと、モバイルアクセスが多くなる感じですね。
これまではPCの方が多かったのですが、その内、携帯からのアクセスが多くなるのかも知れません。それだけ、携帯でインターネットをする人が多くなったという事でしょうか。

FC2ランキングの表示が不調の様なのでデザインを変えましたが、やはり解消しませんでした。元が悪いと思うので、しばらく様子を見たいと思います。

超SS(その8−3)

 着替えてから十分も経っていないけれど、僕は果歩ちゃんの匂いが付いている体操服を脱いだ。またブラジャーに包まれた胸が揺れ、谷間が現れた。先に胸を見たかったので背中に手を回したけれど、ホックがなかなか外れなかった。左右に引っ張ったり、上下にずらしてみたり。色々と試した結果、捻れば外れる事が分かった。
 瞬間的に胸が解放され、締め付けられていた感覚が消えた。俯くと、胸とカップの間に隙間が出来ていて、その中に果歩ちゃんのピンク色した乳首が見えている。僕は思わず息を呑んだ。
 緩んだ肩紐から腕を抜き、白いブラジャーを足元に落とすと果歩ちゃんの胸が露になった。初めて見た、母親以外の生乳首。僕は下から掬い上げるように乳房を掴んで、上下に揺らしてみた。
続きを読む

ライブドア拍手の返信

2009.11.03 13:28 名無しさん ウルトラSS(その51−2)
>ウルトラSSと超SSってどう違うん?

名無しさん、こんばんは。
最近、ごちゃごちゃになっていましたので少し整理しました。
元々、「超SS」という名前で作っていたのですが、これは作品にタイトルをつけるまでも無いショートストーリーを書いたときに名づけていました。
それよりも更に短く、手軽に書き込んでいたものが「ウルトラSS」です。
ですから、超SSよりもウルトラSSの方が短い文章となります。
しかし、最近は別に区別する必要も殆どなくなってしまいました。
とりあえず、2〜3回程度に分けて書いているSSを「超SS」というタイトルにしたいと思いますので、よろしく願いします。

超SS(その9−2)

 夕焼けの紅い色が随分と濃くなった頃、二人は銭湯に着いた。
 互いの顔を見合わせた後、鼓動を高ぶらせながら中に入ると、武原と足川は女子生徒が履く学校指定の黒い靴を脱ぎ、下駄箱へ入れた。そして目の前にあるカウンターにいた中年の女性からミニ石鹸やシャンプーを買い、貸しタオルを受け取ると、女性専用の脱衣所へ入った。

「初めてだな。女性の脱衣所に入るなんて」
「うん。僕、心臓が飛び出そうだよ」
「それなら、心臓が飛び出ないようにその胸を両手で掴んで押さえておけよ」

 赤いブレザー越しに、いやらしい表情で見られた足川は、南丘亜貴の顔で赤らいだ。
続きを読む

ライブドア拍手の返信

2009.10.31 22:18 冬眠さん ライブドア拍手の返信
>Tiraさん、こんばんわ。 御家族のインフルエンザの峠を越えた御様子で安心しました。 このまま無事に全快されるとよいですね。 ところで会社の後輩さんには、Tiraさんが可愛い女の子に憑依して、一肌脱いで労を労ってあげればいいと思いまーすw

冬眠さん、こんばんは。
お気遣いありがとうございます。
これで私が2〜3日ほどの間に熱が出なければ良いのですが。。。
女の子に憑依して慰めてあげるのも一つの手ですね!
でも、根本的な解決策にはならないので、間に入って少しでも仕事のしやすい環境を作ってあげたいところです。
私自身も、もっと人間的(精神的)に成長したいですね!
兎に角、忍耐力を付けたいですよ。
ご注意!
当ブログは18才未満の方には相応しくない内容が含まれていますので、誤って訪れた方は即退場していただきますよう、よろしくお願いします。
創作物の著作権はTira(イラストは絵師さん)にありますので、無断転載は禁止です。
トップページのみリンクフリーです。
管理人:Tira

PDF作品


個人誌へGO!

欲望のままに DLsite.com直リンク

光る指先

欲望のままに

奪われた従姉の体
言語変換
カウンター
since 2000.12.28
【旧Ts・TS】から




最新コメント
月別アーカイブ
頂いたイラスト
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • 【歪められた理想】のハツさん挿絵バージョン
  • どうにもならない(ブログバージョン)その6
翻訳ボランティアの募集

QRコード
QRコード
タグ絞り込み検索
作品カテゴリ